京都サンガF.C.東城陽グラウンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京都サンガF.C.東城陽グラウンド
(サンガタウン城陽)
Sanga town01.jpg
京都サンガF.C.東城陽グラウンド
京都サンガF.C.東城陽グラウンドの位置(京都府内)
京都サンガF.C.東城陽グラウンド
所在地
京都府城陽市久世上大谷89-1
座標 北緯34度51分48.61秒 東経135度48分0.1秒 / 北緯34.8635028度 東経135.800028度 / 34.8635028; 135.800028座標: 北緯34度51分48.61秒 東経135度48分0.1秒 / 北緯34.8635028度 東経135.800028度 / 34.8635028; 135.800028
開園 1998年
設備・遊具 サッカーフィールド他
駐車場 約20台収容[1]
アクセス #交通を参照。
事務所所在地 京都府城陽市久世上大谷89-1

京都サンガF.C.東城陽グラウンドは、京都府城陽市にあるサッカー練習場を中心としたスポーツ施設である。「サンガタウン城陽」とも呼称される[1]

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する京都サンガF.C.(以下、サンガ)の練習施設である[2]

概要[編集]

1997年までサンガの練習場として「京セラ八日市総合グラウンド」(滋賀県東近江市)が使用されていたが、京都府立山城総合運動公園に隣接した当施設の完成に伴って、1998年1月より練習場が同地に移転した[3]

京都サンガF.C.東城陽グラウンド施設内の天然芝グラウンド(2面)はトップチームが使用。2006年に完成した育成専用人工芝グラウンドはユース・アカデミーが使用しており、関西ステップアップリーグの試合も開催される[1]。京都サンガF.C.東城陽グラウンド施設内に併設するフットサルコートは一般開放されている。天然芝グラウンドの周囲はベンチが設置された見学ゾーンとなっており、選手がサインや写真撮影に応えてくれる。また、グッズショップも併設されている。

2013年からは日本女子サッカーリーグに所属するバニーズ京都SCが練習場として使用している[4]

施設[編集]

  • クラブハウス・グッズショップ[5]
  • 天然芝グラウンド2面(A、Bグラウンド)[5]
  • 人工芝グラウンド1面[5]
  • フットサルコート3面[5]
    • 最新型ロングパイル人工芝、夜間照明付、全面屋根付観覧席併設
  • 駐車場

交通[編集]

京都サンガF.C.東城陽グラウンドの入場口

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f サンガタウンについて”. 京都サンガF.C.. 2014年3月30日閲覧。
  2. ^ クラブガイド:京都サンガF.C.”. 日本プロサッカーリーグ. 2014年3月30日閲覧。
  3. ^ クラブ情報 京都サンガF.C.公式サイト
  4. ^ “バニーズ京都SC様 人工芝グラウンド利用について” (プレスリリース), 京都サンガF.C., (2013年2月13日), http://www.sanga-fc.jp/news/info_detail/20075 2013年5月22日閲覧。 
  5. ^ a b c d 京都サンガF.C.フリーペーパーvol.6 (PDF) - 京都サンガF.C.

外部リンク[編集]