野田裕喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野田 裕喜 Football pictogram.svg
名前
愛称 ノダ、ノダチャン
カタカナ ノダ ヒロキ
ラテン文字 NODA Hiroki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1997-07-27) 1997年7月27日(22歳)
出身地 熊本県上益城郡益城町[1]
身長 181cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 モンテディオ山形
ポジション DF (CB)
背番号 35
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014-2015 ロアッソ熊本 (特別指定) 5 (0)
2016- ガンバ大阪 0 (0)
2016- ガンバ大阪U-23 67 (3)
2019- モンテディオ山形 (loan)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年5月30日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

野田 裕喜(のだ ひろき、1997年7月27日 - )は、熊本県上益城郡益城町出身のプロサッカー選手Jリーグモンテディオ山形所属。ポジションは、ディフェンダー(センターバック)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

地元熊本にあるブレイズ熊本ジュニアでサッカーをはじめ、中学卒業後同じく熊本の大津高校に進学。恵まれた体格に俊敏な身のこなしを併せ持つことから、サッカー部監督の平岡和徳からは「サッカー選手じゃなければK-1選手になれる」と称された[2]。2年次の2014年9月に特別指定選手としてロアッソ熊本に登録され[3]、11月15日のJ2第41節・ファジアーノ岡山戦でベンチ入りを果たすと、11月23日の第42節・アビスパ福岡戦で先発フル出場してJリーグデビューを果たした[4]

2015年1月27日にはロアッソ熊本から来季加入に向けての正式オファーを貰った[5]。また、同シーズンは特別指定選手ながら背番号5と若い背番号を与えられ、公式戦4試合に出場し年代別日本代表にも選出された。ロアッソ熊本側からは即戦力としての加入を期待されたが、2015年10月22日、同じく熊本の特別指定選手であった一美和成とともにガンバ大阪加入内定が発表された[6]。G大阪がユース以外の高校生ルーキーを獲得するのは、玉置慎也以来、8年ぶりのこととなる[7]。12月、自身にとっては初となる選手権への出場権を掴み高校生Jリーガーとして大会の注目選手に挙げられたが、チームは初戦の2回戦で敗れた。

ガンバ大阪[編集]

ガンバ大阪加入初年度の2016シーズンはJ3リーグに所属するG大阪U-23で27試合に出場。5月15日のJ3第9節FC琉球戦でプロA契約締結のための規定の出場時間を満たし、6月3日にA契約移行が発表された[8]

2017年はU-23の選手としてJ3開幕戦から2試合に先発出場した後、トップチームの一員としてプレーを続けていたが[9]、4月下旬に骨折[9]。7月15日、J3第17節のブラウブリッツ秋田戦で復帰後初出場[9]。10月8日、ルヴァンカップ準決勝2ndレグセレッソ大阪戦において途中出場によりトップチーム初出場を果たした[10]

2019年5月30日、モンテディオ山形育成型期限付き移籍で加入。[11]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2014 熊本 40 J2 1 0 - 0 0 1 0
2015 5 4 0 - 0 0 4 0
2016 G大阪 32 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2017 0 0 1 0 0 0 1 0
2018 16 0 0 2 0 0 0 2 0
2019 2 0 0 0 0 - 0 0
山形 35 J2 -
通算 日本 J1 0 0 3 0 0 0 3 0
日本 J2 5 0 - 0 0 5 0
総通算 5 0 3 0 0 0 8 0
  • 2014-2015年は特別指定選手
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2016 G大23 32 J3 27 3 27 3
2017 5 0 5 0
2018 16 26 0 26 0
2019 2 9 0 9 0
通算 日本 J3 67 3 67 3
総通算 67 3 67 3
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2016 G大阪 32 0 0
2017 0 0
通算 AFC 0 0

代表歴[編集]

  • U-17日本代表
  • 日本高校サッカー選抜
    • NEXT GENERATION MATCH(2015年)
  • U-18日本代表
  • U-19日本代表
    • バーレーンU-19カップ(2016年)
    • 水原JSカップ U-19国際ユースサッカー大会(2016年)
    • NTC招待大会(2016年)

脚注[編集]

  1. ^ “野田裕喜選手、一美和成選手、U-18日本代表 中国遠征メンバー選出” (プレスリリース), ロアッソ熊本, (2015年6月17日), http://roasso-k.com/news/news_view.htm?id=1965 2018年8月12日閲覧。 
  2. ^ 大津を象徴する「変態」CB野田裕喜が攻守に輝く”. soccerdigestweb (2014年8月6日). 2016年2月19日閲覧。
  3. ^ “野田 裕喜選手、2014年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認” (プレスリリース), ロアッソ熊本, (2014年9月11日), http://roasso-k.com/news/news_view.htm?id=1415 
  4. ^ “高校2年でJ2デビュー、大津の新主将・CB野田裕喜「県内3冠、日本一という目標がある」”. ゲキサカ. (2015年2月12日). https://web.gekisaka.jp/news/detail/?157059-157059-fl 2018年8月12日閲覧。 
  5. ^ 大津高・野田に卒業後の入団申し入れ 小野監督ら訪問 - ウェイバックマシン(2015年1月31日アーカイブ分) - がんばれロアッソ熊本!熊本日日新聞社 2015年1月28日
  6. ^ “熊本県立大津高校 DF野田選手、FW一美選手 2016 シーズン新加入選手として仮契約” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2015年10月22日), http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/3561/ 
  7. ^ 高体連の新卒を続々と獲得! ガンバ大阪の強化イズムになにが起こった?”. サッカーダイジェストWeb (2017年12月28日). 2018年8月12日閲覧。
  8. ^ “DF32 野田裕喜選手がプロA契約へ移行” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2016年6月3日), http://www.gamba-osaka.net/news/index/c/0/no/4374/ 2018年8月12日閲覧。 
  9. ^ a b c 【G大23 vs 富山】 ウォーミングアップコラム:ガンバU-23の守備のリーダー、DF野田裕喜が戦列に復帰”. J's GOAL (2017年7月21日). 2018年8月12日閲覧。
  10. ^ 下薗 昌記. “G大阪vsC大阪のマッチレポート・動画(JリーグYBCルヴァンカップ:2017年10月8日)”. Jリーグ. 2018年8月12日閲覧。
  11. ^ “野田裕喜選手モンテディオ山形へ育成型期限付き移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), モンテディオ山形, (2019年5月30日), https://www.montedioyamagata.jp/news/y-2019/n-00009700// 2019年5月30日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]