関口訓充

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
関口 訓充 Football pictogram.svg
名前
カタカナ セキグチ クニミツ
ラテン文字 SEKIGUCHI Kunimitsu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1985-12-26) 1985年12月26日(31歳)
出身地 東京都多摩市
身長 171cm
体重 66kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 セレッソ大阪
ポジション MF (SH, OH) / FW (WG)
背番号 7
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2012 ベガルタ仙台 274 (22)
2013-2014 浦和レッドダイヤモンズ 27 (1)
2015- セレッソ大阪 57 (3)
代表歴2
2010-2011 日本の旗 日本 3 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年12月5日現在。
2. 2011年6月7日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

関口 訓充(せきぐち くにみつ、1985年12月26日 - )は、東京都多摩市出身のプロサッカー選手Jリーグセレッソ大阪所属。ポジションはミッドフィールダーフォワード。元日本代表

来歴[編集]

2004年に帝京高校から仙台に入団。2007年にスーパーサブとして44試合に出場した。2008年はチームの軸となり、リーグ戦は1試合の欠場のみの41試合に出場し6得点と、チームの入れ替え戦進出に大きく貢献した。

2009年は得点こそ減ったものの、もともとの武器だったドリブルに加え、状況によって仲間へのパスを選択するなどプレーの幅が広がり10アシストを記録。この年リーグ戦、天皇杯含め55試合に出場し、仙台のJ2優勝、天皇杯ベスト4進出の原動力となった。

2010年、チーム生え抜きとして初のA代表に選出されると、同年10月8日に開催されたキリンチャレンジカップアルゼンチン代表戦において、後半26分に岡崎慎司に代わり途中出場し初キャップを刻んだ。

2012年12月18日、浦和レッドダイヤモンズへ完全移籍[1]。 2013年10月5日、第28節大宮アルディージャ戦において、移籍後リーグ戦初ゴールを記録。 2014年シーズン終了後、契約満了により退団[2]

2015年にセレッソ大阪へ移籍[3]。セレッソ大阪ではサイドハーフ主力選手として活躍。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2004 仙台 20 J2 10 1 - 2 0 12 1
2005 24 2 - 2 0 26 2
2006 21 2 - 0 0 21 2
2007 44 2 - 1 0 45 2
2008 11 41 6 - 2 0 43 6
2009 50 4 - 5 1 55 5
2010 J1 26 2 6 1 1 0 33 3
2011 30 0 2 0 3 0 35 0
2012 28 3 3 0 2 0 33 3
2013 浦和 20 1 4 0 2 0 26 1
2014 7 0 6 1 1 0 14 1
2015 C大阪 32 J2 31 1 - 0 0 31 1
2016 7 26 2 - 3 0 29 2
2017 J1
通算 日本 J1 111 6 21 2 9 0 141 8
日本 J2 247 20 - 15 1 262 21
総通算 358 26 21 2 24 1 403 29

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2013 浦和 11 6 1
通算 AFC 6 1

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ベガルタ仙台

代表[編集]

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 3試合 0得点 (2010年 - 2011年)


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2010 1 0
2011 2 0
通算 3 0

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 関口訓充選手 浦和レッズへ完全移籍のお知らせ”. ベガルタ仙台 (2012年12月18日). 2012年12月18日閲覧。
  2. ^ 関口訓充との契約について”. 浦和レッドダイヤモンズ (2014年12月7日). 2014年12月7日閲覧。
  3. ^ 浦和レッズ 関口訓充選手完全移籍加入のお知らせ”. セレッソ大阪 (2015年1月15日). 2015年1月15日閲覧。

外部リンク[編集]