マルセロ・バロン・ポランクジック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はバロン第二姓(父方の)はポランクジックです。
バロン Football pictogram.svg
名前
本名 Marcelo Baron Polanczyk
カタカナ マルセロ・バロン・ポランクジック
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1974-01-19) 1974年1月19日(44歳)
出身地 サンタローザポルトガル語版
身長 186cm
体重 80kg
選手情報
ポジション FW
利き足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルセロ・バロン・ポランクジック (ポルトガル語: Marcelo Baron Polanczyk1974年1月19日 - )は、ブラジルリオグランデ・ド・スル州出身の元サッカー選手。ポジションはフォワード。登録名はバロン (Baron) 。

経歴[編集]

1990年にSCインテルナシオナルの下部組織に入り、1993年にプロ契約を結ぶ[1]。同クラブからの期限付き移籍という形で1994年にシャペコエンセ、1995年にサンタクルスポルトガル語版、1996年にヴァンフォーレ甲府でプレー[1]。甲府では26試合で13得点を挙げる[1]

1997年後半にプレーしたサンパイオ・コヘイアでは、ブラジル全国選手権3部で9ゴールを挙げて得点王になり、チームの優勝に貢献した[2][3]。1998年、再び甲府に移籍し、得点王となったヴァルディネイに次ぐ31得点を記録した。

1999年にはJ1ジェフ市原に期限付き移籍[1]。17ゴールを挙げた。2000年に完全移籍[4]

2001年からは清水エスパルスに移籍し、2002年1月1日の天皇杯決勝では、三都主アレサンドロからのアシストからVゴールを決め、大会優勝に貢献した。[5]AFCチャンピオンズリーグ2002-2003にも出場した。翌2003年にはその天皇杯決勝の対戦相手だったセレッソ大阪に移籍。

2004年には再び甲府に所属し、初めてJ2でのプレーとなったが、保有権の関係から半年間のみのレンタル移籍契約だった。ここでJ2の得点王争いにも加わり(第24節終了時点で3位、14ゴール[6])、甲府は7月末までだったレンタル期間の延長を要請したが資金難から実現せず、シーズン後半はJ1の鹿島アントラーズに移籍した[7]。2005年は再びJ2のベガルタ仙台に移籍した。

2006年は仙台との契約が終了後、しばらく所属クラブが決まらなかったが、3月22日にJ2のヴィッセル神戸へ入団。3ヶ月間の契約終了後、6月19日にはJ1のアビスパ福岡へ移籍。日本では8チーム目の所属になった。これは選手としてJリーグ加盟クラブに在籍したクラブ数の個人最多記録である。しかし、同年は2チームを通じて初の年間無得点に終わった。同年オフに退団した。

2007年1月、母国ブラジルのアメリカ-SPへ移籍。2008年から2009年までジュベントスポルトガル語版でコーチを務めた。また、現役引退後はブラジルで日本食レストランを経営していた[8]

2016年リオデジャネイロオリンピックに出場したバスケットボール女子日本代表のブラジルでの現地通訳を務め、交通面や食事面の手配などを行った[8]

エピソード[編集]

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1990 インテル
ナシオナル
セリエA
1991
1992
1993
1994 シャペコエンセ
1995 サンタクルス-RS
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1996 甲府 11 JFL 26 13 - 1 2 27 15
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1997 サンパイオ セリエC
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1998 甲府 11 JFL 29 31 - 4 10 33 41
1999 市原 10 J1 28 17 1 0 1 0 30 17
2000 10 30 13 3 1 2 0 35 14
2001 清水 18 28 15 2 0 5 5 35 20
2002 9 28 6 7 2 3 3 38 11
2003 C大阪 18 26 9 4 1 5 4 35 14
2004 甲府 16 J2 23 14 - - 23 14
2004 鹿島 18 J1 12 2 1 0 0 0 13 2
2005 仙台 11 J2 35 14 - 1 1 36 15
2006 神戸 9 J2 10 0 - - 10 0
2006 福岡 19 J1 13 0 - 1 0 14 0
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
2007 アメリカ-SP
通算 ブラジル
日本 J1 165 62 18 4 17 12 200 78
日本 J2 68 28 - 1 1 69 29
日本 JFL 55 44 - 5 12 60 56
総通算

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2002-03 清水 9 3 5
通算 AFC 3 5

指導経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「連載25ウイークリー・インタビュー VOICE/ケガは絶えません/バロン(ジェフ)」『週刊サッカーマガジン』 1999年6月23日号 No.716、ベースボール・マガジン社、61-63頁。
  2. ^ http://www.rsssfbrasil.com/tablesae/br3tops.htm
  3. ^ http://www.rsssfbrasil.com/tablesae/br3camp.htm
  4. ^ 「WEEKLY TOPICS バロン(市原)、エメルソン(札幌)」『週刊サッカーマガジン』 2000年4月5日号 No.756、ベースボール・マガジン社、32頁。
  5. ^ 歴史を刻んだバロン”. ジェレミー・ウォーカーのA View From A Brit (2002年1月3日). 2012年5月11日閲覧。
  6. ^ http://www.j-league.or.jp/data/view.php?d=j2&t=score&s=24&y=2004
  7. ^ バロン選手、鹿島アントラーズへ移籍のお知らせ”. J's GOAL (2004年7月28日). 2017年10月12日閲覧。
  8. ^ a b 元J1甲府バロン氏が日本女子バスケ入賞をアシスト”. 日刊スポーツ (2016年8月18日). 2017年10月12日閲覧。
  9. ^ アーカイブされたコピー”. 2007年11月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月3日閲覧。

外部リンク[編集]