河本明人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
河本 明人 Football pictogram.svg
名前
カタカナ カワモト アキト
ラテン文字 KAWAMOTO Akito
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1990-05-01) 1990年5月1日(28歳)
出身地 滋賀県甲賀市
身長 174cm
体重 71kg
選手情報
在籍チーム 東京ユナイテッドFC
ポジション FW
背番号 19
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013-2017 ヴァンフォーレ甲府 72 (2)
2015 栃木SC (loan) 24 (6)
2018- 東京ユナイテッドFC
1. 国内リーグ戦に限る。2017年12月25日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

河本 明人(かわもと あきと、1990年5月1日 - )は、滋賀県甲賀市出身のプロサッカー選手。ポジションは、フォワード(FW)

来歴[編集]

流通経済大学付属柏高校時代、2年時に高円宮杯全日本ユース(U-18)全国高校選手権を制し2冠を達成した。

高校卒業後は流通経済大学に進学。2011年中国深圳で行われた夏季ユニバーシアードではユニバーシアード日本代表に選ばれ、チームの優勝に貢献。5得点の活躍で大会MVPを受賞した。

2013年より、新加入選手としてはクラブ史上最長となる3年契約でヴァンフォーレ甲府に入団[1][2]。開幕戦のベガルタ仙台戦に途中出場しデビュー。この試合で早速アシストを記録する。4月10日ヤマザキナビスコカップ第4節大宮アルディージャ戦でプロ初得点を含む2得点を挙げる。リーグ戦でも途中出場で出場機会を得ていたが、先発出場のチャンスは掴めずにいた。そんな中チームが不調に陥ったこともありシステム変更を敢行。新たに用いられたシャドーの一角として8月3日セレッソ大阪戦でリーグ戦初先発し、決勝点となるリーグ初得点を記録。このゴールにより1-0で勝利した甲府は、J1でのチームワースト記録である8連敗から脱出する。また自身もこのゴールをきっかけに大きく出場機会を伸ばし、以降は柏レイソル戦を除くすべての試合に先発出場した。結局ルーキーイヤーとなる2013年は24試合(15先発)1得点という成績でシーズンを終えた。

2015年栃木SC期限付き移籍[3]

2017年シーズン終了後、契約満了により甲府を退団した[4]。2018年3月28日、東京ユナイテッドFCへ移籍[5]


所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2009 流経大 - JFL 15 1 - 0 0 15 1
2010 4 0 - 1 0 5 0
2013 甲府 15 J1 24 1 6 2 3 0 33 3
2014 16 0 4 1 1 0 21 1
2015 栃木 13 J2 24 6 - 1 0 25 6
2016 甲府 J1 17 0 3 1 0 0 20 1
2017 15 1 6 2 1 0 22 3
2018 東京U 19 関東1部 -
通算 日本 J1 72 2 19 6 5 0 96 8
日本 J2 24 6 - 1 0 25 6
日本 JFL 19 1 - 1 0 20 1
日本 関東1部 -
総通算 115 9 19 6 7 0 141 15

タイトル[編集]

クラブ[編集]

流通経済大学付属柏高校
流通経済大学

代表[編集]

ユニバーシアード日本代表

個人[編集]

  • 夏季ユニバーシアード MVP (2011年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 流通経済大学 河本明人選手 来季加入内定のお知らせ VENTFORET KOFU - Official Web site -、2012年11月28日
  2. ^ VF甲府 即戦力FW河本加入 新人でクラブ最長3年契約 ヴァンフォーレ甲府ニュース - 山梨日日新聞、2012年11月29日
  3. ^ 河本明人選手 期限付き移籍加入のお知らせ 栃木SC公式サイト 2015年1月6日
  4. ^ 契約満了選手のお知らせ ヴァンフォーレ甲府公式サイト 2017年12月19日
  5. ^ 河本明人選手、ヴァンフォーレ甲府より完全移籍のお知らせ 東京ユナイテッドFC公式サイト 2018年3月28日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]