菊川凱夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
菊川 凱夫 Football pictogram.svg
名前
カタカナ キクガワ ヨシオ
ラテン文字 KIKUGAWA Yoshio
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1944-09-12) 1944年9月12日(74歳)
出身地 静岡県藤枝市
選手情報
ポジション DF
ユース
静岡県立藤枝東高校
1964-1967 明治大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1968-1974 三菱重工 94 (2)
1976-1983 志太クラブ
代表歴
1969-1971 日本の旗 日本 16 (0)
監督歴
1982-1994 中央防犯
1999 アビスパ福岡
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

菊川 凱夫(きくがわ よしお、1944年9月12日 - )は、静岡県藤枝市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

来歴[編集]

静岡県立藤枝東高校時代に全国選手権大会で優勝した実績を持つ。明治大学を経て、1968年に三菱重工業サッカー部に加入し、サイドバックとして三菱黄金時代を支えた。また、1969年6月19日のボルシア・メンヒェングラートバッハ戦で日本代表として初出場した[1]

1974年に現役を一度引退。地元に戻り家業を継ぐ。1976年、藤枝市の志太クラブに入団。静岡県社会人サッカーリーグでプレーし、1980年には選手兼任監督に就任した。

将来の日本サッカーをリードしようと1982年に創部した中央防犯サッカー部に監督として入社。部員全員がガードマンとの兼業という厳しい環境の下、着実にレベルアップを図り、1987年に静岡県全県リーグ1部優勝、東海社会人サッカーリーグ昇格を達成。更に1991年には日本サッカーリーグ2部昇格まで上り詰めた。

日本リーグのプロ化(日本プロサッカーリーグ)により、Jリーグに参加しないチームを対象としたジャパンフットボールリーグ2部(旧J2)に参加した1992年には同チームに全国規模の大会に於ける初タイトルをもたらす。1993年には1部(旧J1)入り。1995年、チームのプロ化計画により福岡市に移転した福岡ブルックス(現・アビスパ福岡)の総監督となる。1996年、指導権を清水秀彦に譲り、テクニカルアドバイザーに退いたが、1999年に監督に復帰し、2000年には総監督を担当した。

2014年藤枝MYFCの総監督兼女子チーム監督に就任[2]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1968 三菱 JSL 12 2 -
1969 14 0 -
1970 13 0 -
1971 13 0 -
1972 JSL1部 14 0 -
1973 18 0
1974 10 0 -
1976 志太ク 静岡県 -
1977 -
1978 -
1979 -
1980 -
1981 -
1982 -
1983 -
通算 日本 JSL1部 94 2
日本 静岡県 -
総通算

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 16試合 0得点(1969-1971)


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1969 2 0 9 0 11 0
1970 12 0 9 0 21 0
1971 2 0 9 0 11 0
通算 16 0 27 0 43 0

指導経歴[編集]

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯
1982 - 中央防犯 - - -
1983 静岡県中西部3部 優勝 - 予選敗退
1984 静岡県中西部2部 優勝 - 予選敗退
1985 静岡県中西部1部 優勝 - 予選敗退
1986 静岡県2部 優勝 - 予選敗退
1987 静岡県1部 優勝 - 予選敗退
1988 東海 優勝 - 2回戦
1989 2位 - 予選敗退
1990 2位 - 予選敗退
1991-92 JSL 12位 30 27 7 6 17 1回戦 予選敗退
1992 旧JFL2部 優勝 18 38 12 2 4 - -回戦
1993 旧JFL1部 9位 18 - 6 - 12 - -回戦
1994 旧JFL 3位 30 - 24 - 6 - -回戦
1999 J1 福岡 14位 30 28 10 1 19 2回戦 4回戦

その他

その他[編集]

  • 漫画『ワイルド7』のエピソードのひとつ、「地獄の神話」(1974年)に、同姓同名の菊川警部というキャラクターが登場する。しかも、元サッカー選手という設定だった(サッカーマニアで知られる作者の望月三起也は、中央防犯時代からチームと親しく、同チームのキャラクターデザインも担当した)。

出典[編集]

  1. ^ 国際親善試合”. 日本サッカー協会. 2015年12月27日閲覧。
  2. ^ 2014スタッフ新体制につきまして”. 藤枝MYFC (2014年1月7日). 2014年1月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]