明大スポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

明大スポーツ(めいだいスポーツ)は、明治大学唯一の学生新聞2010年(平成22年)現在)。 明大スポーツ新聞部が発行する。

概要[編集]

1953年(昭和28年)[1]7月に、日本で初めての学生スポーツ新聞[2]駿台スポーツ(すんだいスポーツ)」として創刊された。1998年(平成10年)には発行第300号を達成している[3]

明治大学の体育会運動部の成績や学内の話題などを中心に掲載するが、1990年代以降は生活情報にも力を入れている[1]。新聞の一面は年間を通して常に多色カラーである[4]。 発行は通常発行が年間で8回[1]に加え、毎年4月の新入生歓迎号、12月のラグビー明早戦特集号などを含めて年10回ほど。通常発行部数はおよそ1万5000部[1]であるが、早戦特集号の発行部数はおよそ3万部である[4]。印刷・編集は日刊スポーツ印刷社にて行っている[1]

事故[編集]

1985年(昭和60年)に、明大スポーツ新聞部の新入生歓迎コンパに出席していた商学部1年の男子生徒が、急性アルコール中毒で亡くなっている[5]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 読売新聞 1996年11月9日 東京夕刊 夕スA 07頁 「大学スポーツ紙、近ごろ事情 鮮やか紙面で激突」
  2. ^ 読売新聞 1992年10月17日 東京夕刊 海外 02頁 「面白さ競う大学スポーツ紙 これが各校運動偏差値 王者日大、2位早大・日体大」
  3. ^ 週刊 アエラ 1998年4月27日 「人気が欲しい 大学スポーツ サッカー、ラグビー、野球…」
  4. ^ a b 読売新聞 1996年11月9日 東京夕刊 夕スB 06頁 「大学スポーツ紙 記事も見出しも本格派 伝統の明スポ、故北島監督特集を編集中」
  5. ^ 朝日新聞 1985年4月20日 夕刊 1社 「新入生コンパで明大生が急死」