矢代操

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
矢代操

矢代 操(やしろ みさお、嘉永5年6月20日1852年8月5日) - 明治24年(1891年4月2日)は、日本の民法学者。明治大学の創立者の1人である。ギュスターヴ・エミール・ボアソナードの弟子。   

経歴[編集]

1852年越前国(現福井県)にて鯖江藩士松本伝互の三男として生まれる。初名は美太(よしふと)。後に鯖江藩士矢代家の養子となった。

藩校進徳館で学び、維新後、貢進生に選ばれ後に大学南校を経て司法省法学校に進む。卒業後、法律系出版社時習社を設立、また法律学校である講法学社の幹事となる。ここで留学から帰国した岸本辰雄宮城浩蔵と知己となり、1881年に明治法律学校を創立した。同年に元老院書記官、1890年に貴族院書記官となったが、1891年に39歳で死去。

明治大学の創立者の中で39歳という若さで亡くなっており、他の2人に比してあまり目立たないのは、このためでもある。

生地である鯖江市の鯖江資料館に胸像が建つ。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1943号「叙任及辞令」1889年12月18日。

参考文献[編集]

  • 明治大学を創った三人の男(時事通信社 2010年)