雪の早明戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

雪の早明戦(ゆきのそうめいせん)とは、1987年12月6日、ラグビーの関東大学対抗戦、伝統の早稲田大学明治大学の一戦を指す。

試合概要[編集]

両校の対抗戦は1923年に始まり、これが第73回早明戦だった。東京・国立霞ヶ丘陸上競技場で行われ、観衆は62,000人。

前日からの積雪と両校の死闘の末早稲田の勝利、後世に語り継がれる伝説の試合となった。

特に試合終了間際、8分近くにも及ぶロスタイムで、攻める明治は早稲田ゴール前で何度もFW戦を挑む。重戦車と称される明治FWと、必死のタックルで守る早稲田、体から湯気を上げるほどの攻防は、観る者の胸を打つ。

3点を追う明治は、何度も同点のペナルティゴール(PG)を狙うチャンスを得る。しかし、明治はこのシーズンで既に筑波大に1敗を喫しており、優勝するためには同点では届かず勝利が必要だった。

ナンバーエイト大西主将を筆頭に、突進する明治。FL神田を中心に低いタックルを連発してトライラインを死守する早稲田。激戦の中、早稲田FB加藤がタックル時に頭を打って脳しんとう(脳震盪)で退場、早稲田に絶体絶命の危機が訪れる。だが代わって入った吉村が懸命のディフェンスで凌ぐ。

両校の黄金ルーキーが多数出場したことでも知られる。早稲田のSH堀越正巳WTB今泉清、明治のWTB吉田義人と、後の日本代表の顔ともいえる選手が1年生で出場を果たしている。

吉田は前半、ライン外側に雪かきをした雪塊に突っ込むようなトライをマークしている。

得点経過[編集]

得点時間 早稲田 明治
前半5分 4
篠原 トライ
0
前半18分 4 4
吉田 トライ
前半26分 4 7
川上 PG
前半36分 7
今泉 PG
7
後半4分 10
今泉 PG
7


先発フィフティーン[編集]

早稲田[編集]

1 永田(筑紫)4年生

2 森島(日川)2年生

3 頓所()4年生

4 弘田(早実)4年生

5 篠原(筑紫)3年生

6 神田(福岡)4年生

7 清田(神戸)3年生

8 清宮(茨田)2年生

9 堀越(熊谷工)1年生

10 前田(修猷館)2年生

11 今泉(大分舞鶴)1年生

12 今駒(生田)4年生

13 中島(早実)4年生

14 桑島(石神井)4年生

15 加藤(久我山)4年生

明治[編集]

1 佐藤(秋田市立)3年生

2 岡本(大工大)3年生

3 須之内(松山聖陵)3年生

4 飛弾(大分水産)2年生

5 蜂谷(下伊那農)2年生

6 土井(報徳学園)4年生

7 尾上(久我山)3年生

8 大西(大工大)4年生

9 安東(秋田工)3年生

10 加藤(熊谷工)2年生

11 吉田(秋田工)1年生

12 川上(武豊)4年生

13 上井(大工大)4年生

14 竹ノ内(報徳学園)2年生

15 高岩(作新学院)2年生