松山聖陵高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松山聖陵高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人松山聖陵学園
設立年月日 1961年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
設置学科 普通科
工業科
高校コード 38506K
所在地 791-8016
愛媛県松山市久万ノ台1112番地
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

松山聖陵高等学校(まつやませいりょうこうとうがっこう)は、愛媛県松山市にある私立高等学校。元々男子校であったが、2008年度から男女共学となった。

設置学科[編集]

  • 普通科
    • 特進コース
    • 進学コース
    • 情報コース 
    • スポーツコース
  • 工業科
    • 自動車工学科
    • 機械科(男子のみ)
    • 建築科

沿革[編集]

  • 1960年12月 - 松山市久万ノ台1112番地に学校法人松山聖陵学園設立認可。
松山聖陵高等学校 普通科、工業科(工業化学、自動車工学、建設)設立認可 生徒定員900人(普通科300人、工業科600人)

教育方針[編集]

  1. 教養の高い、健康で有為な人材の育成
  2. 責任感強く、誠実穏健な人材の育成
  3. 進取独立の気風と創造性に富む人材の育成

交通[編集]

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

1986年、学園理事長として当該会社代表取締役の岡勉が就任。2011年より子息の豊氏が理事長職を引き継ぐ。

外部リンク[編集]