河本結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TransparentPlaceholder.svg 河本 結 Golf pictogram.svg
Yui KAWAMOTO
基本情報
名前 河本 結
生年月日 (1998-08-29) 1998年8月29日(23歳)
身長 163 cm (5 ft 4 in)
体重 55
出身地 愛媛県松山市
経歴
プロ転向 2018年=JLPGA90期
優勝数
日本LPGA 1
成績
初優勝 アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI(2019年)
賞金ランク最高位 6位(2019年)
2022年1月1日現在
テンプレートを表示

河本 結[1](かわもと ゆい、1998年8月29日 - )は、愛媛県松山市出身の女子プロゴルファーである。日本体育大学体育学部卒業[2]血液型はO型。所属はリコー

両親の影響で5歳からゴルフを始める[3]

アマチュア時代[編集]

アマチュア時代の主な成績として、2012年「四国中学校ゴルフ選手権春季大会」優勝、2013年「四国女子アマチュアゴルフ選手権」と「四国ジュニアゴルフ選手権」を共に優勝、2015年「四国高等学校ゴルフ選手権春季大会」優勝等がある[4]。また松山聖陵高等学校3年時には「IMGアカデミー世界ジュニアゴルフ選手権」出場を果たす[5]

2017年には自らの意志で進学を選択、日本体育大学でスポーツ科学・体育・一般教養など色んなことを学びたいと考えた[6]。同世代の勝みなみ新垣比菜ら“黄金世代”とは違う道を選んだ河本は、2020年東京オリンピックを見据え、学業とゴルフの両立に力を注ぐ[7]

サードQT進出者の資格で2018年は日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)のTP単年登録者となりプロ転向[8]。同年7月にJLPGA最終プロテストに進出し9位で一発合格[9]。JLPGA90期生となる[1]。最終的にステップ・アップ・ツアー12試合、JLPGAツアー8試合に出場[10]。ステップ・アップ・ツアーでは年間4勝を挙げて年間獲得賞金ランキング(賞金ランク)1位となり、翌シーズンJLPGAツアー前半戦の出場資格を得た[8]

プロ戦績[編集]

2019年、3月のJLPGAツアー「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」において、2位に5打差をつけ同ツアー初優勝を果たす[11]。同年8月よりリコー所属となる[12]。同年9月1日最終日の韓国女子プロゴルフ協会メジャー大会「ハンファクラシック」に招待選手として出場し[13]、12位タイとなる[14]。同年、全米女子プロゴルフ協会(USLPGA)の「Qシリーズ[注 1]」に出場、9位タイとなり翌シーズンのUSLPGAツアー出場権を獲得した[15]。JLPGAツアーの賞金ランク6位に入り、自身初のシード入りを果たす[16]。12月発表の日本ゴルフトーナメント振興協会(GTPA)「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」を渋野日向子稲見萌寧原英莉花とともに受賞した[17]

2020年よりアメリカツアーに参戦していたが、2021年シーズン途中に「海外の生活環境になじむことが難しい」などの理由で撤退を発表し、日本ツアーに復帰した[18]

JLPGA賞金ランキング61位でシード権を喪失しが、メルセデスランキング54位で翌シーズンツアー前半戦の出場資格を得た。

主な戦績[編集]

日本女子プロゴルフ協会のプロフィール[1]、およびJGAのプロフィールに基づく[4]。なお大会名のあとの(S)はステップ・アップ・ツアー、※はベスト・アマチュア獲得

2016年[編集]

  • ラシンク・ニンジニア/RKBレディース(S) 7位タイ ※
  • 山陽新聞レディースカップ(S) 39位タイ ※
  • うどん県レディース(S) 48位タイ ※

2017年[編集]

2018年[編集]

トーナメント優勝[編集]

ツアー優勝[編集]

JLPGAツアー[編集]

No. Date Tournament スコア 2位との差 2位(タイ)
1 2019年3月31日 アクサレディスゴルフトーナメントinMIYAZAKI −15 (66-65-70=201) 5打差 S.ランクン, ユンチェヨン

プロフィール[編集]

TV番組[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 最終予選会(いわゆるファイナルQT)の事

出典[編集]

  1. ^ a b c 河本 結 プロフィール詳細”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年8月18日閲覧。
  2. ^ 下山江美「News Avenue『日本オープン5位の弟も祝福! 河本結が袴姿で豪華な卒業式へ』」『GOLF TODAY』2021年5月号、株式会社三栄、 121頁、2021年7月17日閲覧。
  3. ^ 河本結 プロフィール”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2019年8月18日閲覧。
  4. ^ a b 河本 結選手のプロフィール”. JGA. 2019年8月18日閲覧。
  5. ^ 河本結7位「4日間パターがダメだった」”. 日刊スポーツ (2016年7月16日). 2019年8月18日閲覧。
  6. ^ 河本結(日本体育大学ゴルフ部/愛媛県松山市出身)第1回「意志あるところに道は開ける」スポーツコミュニケーションズ(2017年9月4日)
  7. ^ 大好きな愛媛にゴルフで恩返しを 黄金世代生まれ河本結、五輪への覚悟”. スポーツナビ (2018年2月22日). 2019年8月18日閲覧。
  8. ^ a b 全試合必勝を誓った河本結、年間4勝のステップ最多記録で女王戴冠”. ALBA.Net (2018年12月31日). 2019年8月18日閲覧。
  9. ^ 黄金世代JD 河本結が一発合格 大学生活&ゴルフで奮闘誓う”. スポニチアネックス (2018年7月28日). 2019年8月18日閲覧。
  10. ^ 河本 結 年度別大会成績2018”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年8月18日閲覧。
  11. ^ 河本結 5打差の圧勝でツアー初V”. 日本女子ゴルフ協会 (2019年3月31日). 2019年8月5日閲覧。
  12. ^ リコー、女子プロゴルファー河本結選手と所属契約を締結”. リコー (2019年7月29日). 2019年8月18日閲覧。
  13. ^ 한화 클래식 2019 참가자 명단” (朝鮮語). KLPGA (2019年8月29日). 2019年9月6日閲覧。
  14. ^ 한화 클래식 2019 전체 스코어” (朝鮮語). KLPGA (2019年9月1日). 2019年9月6日閲覧。
  15. ^ 河本結と山口すず夏が米ツアー来季出場権を獲得”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2019年11月3日). 2019年11月4日閲覧。
  16. ^ 河本 結 プロフィール詳細の生涯成績・記録を参照
  17. ^ 渋野日向子が新人賞と特別賞 初のダブル受賞”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2019年12月11日). 2019年12月11日閲覧。
  18. ^ 河本結が米ツアー撤退を発表「悩む時間の方が多くなっていた」【LPGAツアー 米国女子】|GDO ゴルフダイジェスト・オンライン

外部リンク[編集]