明治大学短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
明治大学短期大学
Meiji-Univ-Surugadai-1991031801.jpg
大学設置 1950年
創立 1929年
廃止 2007年
学校種別 私立
設置者 学校法人明治大学
本部所在地 東京都千代田区神田駿河台1-1
学部 法律科
経済科
新聞科第二部[1]
社会科第二部[1]
工科[2]
  電気専攻[2]
  機械専攻[2]
  建設専攻[2]
  造船専攻[2]
テンプレートを表示

明治大学短期大学(めいじだいがくたんきだいがく、英語: Women's College, Meiji University)は、東京都千代田区神田駿河台1-1に本部を置いていた日本私立大学である。1950年に設置され、2007年に廃止された。大学の略称は明短および明大短大部。学生募集は2003年度まで。2004年に明治大学は情報コミュニケーション学部を設置したため、短期大学は情報コミュニケーション学部に改組され、2007年11月2日をもってその歴史に幕を下ろした[3]

この項目では前身たる明治大学専門部女子部および明治女子専門学校についても扱う。

概要[編集]

大学全体[編集]

  • 明治大学に併設されていた日本私立短期大学1950年に明治大学短期大学部として設置された。当初は女子のみの法律科・経済科のほか、男女共学の社会科II部・新聞科II部も設置されていたが[4]、社会・新聞の各学科が廃止となってからは女子のみの学科となった。キャンパスは東京都千代田区神田駿河台に置かれていた。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

教育および研究[編集]

  • 旧来の明治大学専門部女子部における教育を継承するべく、経済・法律の各専門教育を行っていた。
  • 1979年、明治大学専門部女子部から数えて創立50周年を記念に、「女性問題研究」と称した総合講座が開講された[5]

学風および特色[編集]

  • 明治大学専門部女子部が起源となっている(ただし、沿革の欄でも述べたように新聞科II部・社会科II部には男女共学だった)。
  • 設置学科が実学的で就職時に有利であり、明治大学以上の就職実績をあげていた。
  • 『明短セミナー』なる雑誌が創刊される[5]

沿革[編集]

明治大学短期大学の前身は1929年(昭和4年)に設置された明治大学専門部女子部である。1927年(昭和2年)に明大法学部教授会で専門部「女子法科」設置案が提起され、翌年4月に文部省の設置認可を得た。同年10月の商議員会で異論が出たこともあって実際の開校は1929年にずれ込んだが、学科は法科と商科の2科となり、名称も「女子部」と改められた。

我国に於ける女子教育は良妻賢母を造るは勿論であるけれども、漸次時代の変遷に伴ひ女子も亦家庭のみに在ることを許さず、或は官公吏となり、或は会社員となり、其他諸般の事業に従事することとなり、又従事しなければならぬことゝなり、其家庭に在る女子の為めには旧来の教育にて足れるも、家庭外広く諸般の事業に従事する女子の為には良妻賢母を造る教育以外其職業に必要なる基礎智識、特に法律、経済及商業等の学識を授くるは実に時代の要求であると謂はなければならぬ。

然るに各種の職業に従事する女子は其基礎智識を欠くが為め、向上発展することを得ず。其前途を思ふときは真に同情に堪へざるものがあるばかりでなく、社会問題としても亦之が対策を講ずるの必要がある。

加之近く女子にも弁護士資格を与へ、衆議院議員の選挙資格及被選挙資格を与へられることとなるべく、又文官高等試験令に禁止がないから遠からず其試験を受くることを許されるものと信ず。

欧米の文化国に於ては女子の幸福を増進する為め其必要なる教育の準備を為さざるものはない。然るに我国に於ては何等の準備なきは女子の不幸は勿論、国家発展上真に遺憾なることである。

茲に於て我が明治大学は率先して女子部を新設し、大に女子の天稟の才能を啓発し、其向上発展を図り、天与の幸福に浴せしめて国家社会に貢献せんとするのである。

— 女子部設立趣意書(1929年)

時代を先取りした女子専門教育の誕生ではあったが、定員350名に対して入学者数は伸び悩み、1937年(昭和12年)には廃止論が浮上したこともあった。それでも1940年(昭和15年)には中田正子が日本初の女性弁護士となり、戦後間もなく石渡満子が日本初の女性裁判官になるなど、女子法曹界の先駆者としての功績は大きい。

明治女子専門学校(1944年に女子部を改組)は戦後の学制改革時に短期大学部へと改編された。その裏には連合国軍総司令部傘下の民間情報教育局(CIE)担当官ルル・ホームズの助言と指導があった[6]

年表[編集]

女子部学生による模擬裁判
中田正子

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 東京都千代田区神田駿河台1-1

象徴[編集]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 法律科
  • 経済科
当初、設けられていた学科[編集]
  • 新聞科第二部:1954年度における学生総数は295人(女子内数9人)[4]
  • 社会科第二部:1954年度における学生総数は281人(女子内数50人)[4]
  • 工科[11]
    • 電気専攻
    • 機械専攻
    • 建設専攻
    • 造船専攻

設置計画のあった学科[編集]

  • 英文科
  • 社会福祉科[12]

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

  • 明治大学短期大学で活動していたクラブ活動:短大独自のクラブは特になく、体育系・文化系ともに明治大学の学生と混合になっていた[5]

学園祭[編集]

  • 明治大学短期大学の学園祭は「駿台祭」と呼ばれ、明治大学駿台キャンパスの学生と混合で行っていた[5]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

出身者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

駿河台12号館
  • 1994年に短期大学新校舎(12号館)が完成[5]

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

カナダ[編集]

イギリス[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 1959年3月31日廃止
  2. ^ a b c d e 1956年3月31日廃止。
  3. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』270頁
  4. ^ a b c 昭和30年度版『全国学校総覧』より
  5. ^ a b c d e f g h 『明治大学短期大学 2000』:入学案内小冊子より。
  6. ^ 『明治大学百年史』 第4巻、507-509頁
  7. ^ 立石芳枝 女性初の東大大学院(法学)進学者 〜 東京大学における昭和二十年(一九四五年)以前の女子入学に関する資料 所澤潤 P.64 及び『東京大学百年史』通史 等
  8. ^ 昭和16年高文行政科合格者 渡辺美恵 / 明大法曹会 創立50周年記念誌p.108
  9. ^ 明治大学法曹会 創立50周年記念誌 P.120他
  10. ^ 1983年の日本の女性史(6月1日)
  11. ^ 『明治大学百年史』第四巻では「工学科」として表記している。同書によると設置はされたものの、諸事情により学生募集を行うことなく廃止された(同書、509頁)。その結果、事実上は幻の学科ともいえよう。
  12. ^ 『明治大学短期大学学科増設計画案 : 英文科・社会福祉科』より。詳細はWebOPAC|書籍紹介より。2017年5月5日閲覧。
  13. ^ 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)59頁「明治大学短期大学部」の欄より
  14. ^ a b 『短大螢雪5月臨時増刊 短大・学科内容案内号』(旺文社。1999年5月)444ページより

外部リンク[編集]