アデマール・ペレイラ・マリーニョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はペレイラ第二姓(父方の)はマリーニョです。
マリーニョ Football pictogram.svg
名前
カタカナ アデマール・ペレイラ・マリーニョ
ラテン文字 Ademar Pereira Marinho
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1954-03-23) 1954年3月23日(64歳)
出身地 ベロオリゾンテ[1]
身長 170cm
体重 65kg
選手情報
ポジション MF
ユース
ミナスジェライス州立大学
1975 札幌大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
クルゼイロEC
1976-1979 フジタ工業
1983-1987 日産自動車
監督歴
1996-2000  日本 フットサル
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アデマール・ペレイラ・マリーニョポルトガル語: Ademar Pereira Marinho1954年3月23日 - )は、ブラジルミナスジェライス州ベロオリゾンテ出身の元サッカー選手、サッカーおよびフットサル指導者。

経歴[編集]

アトレチコ・ミネイロのファンでありながら、15歳でライバルチームであるクルゼイロの入団テストに合格[2]、18歳でプロ契約を果たす。その後、ミナスジェライス州立大学を経て、1975年に札幌大学に留学生として来日[1]サッカー部に所属して大学選手権などで活躍した。

1976年、フジタ工業に入社してサッカー部(現:湘南ベルマーレ)に入部[1]。ゲームメーカーとして、日本サッカーリーグ(JSL)(1977年1979年)、天皇杯1977年1979年)制覇に貢献した。

1980年・1981年にはセルジオ越後と共に「さわやかサッカー教室」(現・アクエリアスサッカークリニック)のコーチとして少年サッカーの普及に携わる。

1982年、監督の加茂周に請われて日産自動車サッカー部横浜F・マリノスの前身)に入部。入部1年目は「さわやかサッカー教室」での指導がプロ活動とみなされ公式戦の出場はできなかったものの、翌1983年からは金田喜稔木村和司水沼貴史柱谷幸一らと共に日産の黄金時代の基礎を築き、2度の天皇杯優勝(1983年、1985年)に貢献。1987年に現役引退するまで通算成績は137試合出場、50得点を記録した。

1994年に日本代表監督に就任したパウロ・ロベルト・ファルカンの通訳として再来日。その後、サッカー解説者を務める傍ら、フットサルの普及に力を注ぎ、1999年と2000年にはフットサル日本代表監督を務めた。

芸能人女子フットサルチームFANTASISTAの元監督でもあった。2006年5月発売の『スフィアリーグ公式フットサル基礎トレーニングDVD』(hachama)ではインストラクター・解説を担当している。

一般的なブラジル人同様、ブラジルらしい情熱的でスペクタクルな攻撃サッカーを愛していることで有名。このためブラジル代表監督であったドゥンガが、規律を徹底させて無闇に攻め上がることを禁じ、イレギュラーな(スペクタクルな)要素を排したシステマチックな守備的戦術を取ったことには批判的で、ゲストとして出演した番組でブラジル代表に話が及ぶと「(最終メンバーは)全部ドゥンガって名前でいいです」と答えている。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1976 フジタ JSL1部
1977 15 18
1978
1979 15
1983 日産 5
1984 7
1985 0
1986-87 7
通算 日本 JSL1部 137 50
総通算

個人タイトル[編集]

  • JSLベストイレブン 2回(1977年、1979年)

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「「ナゼ」と聞かない若い人 アデマール・P・マリーニョ氏」朝日新聞 1977年2月7日、2015年11月10日閲覧
  2. ^ 2009年3月27日放送の『Foot!』によると、当時付き合っていた彼女の兄に「(一緒にテストを受けに)行かないと(付き合っていることを)バラすぞ」と言われて渋々受けに行ったが、その彼女の兄は落ち、マリーニョのみ合格した。

関連項目[編集]