大久保賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大久保 賢 Football pictogram.svg
名前
カタカナ オオクボ ケン
ラテン文字 OKUBO ken
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1941-05-05) 1941年5月5日(77歳)
出身地 広島県広島市
選手情報
ポジション FW
監督歴
チーム
1972-1975 永大産業
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

大久保 賢(おおくぼ けん、1941年5月5日 - )は、広島県広島市矢賀出身のサッカー選手、指導者。

来歴[編集]

広島市立矢賀小学校時代からサッカーを始め、広島市立二葉中学校ではフォワードハーフバックゴールキーパーと全てのポジションを経験。進学校の広島皆実高校時代はハーフバックで県下有数の選手となり、第1回高校選抜大会のオール中国の代表選手に選出され藤枝大会で優勝。この時の監督・渡部英麿に指導を受ける。

立教大学で活躍した後、1964年名古屋相互銀行サッカー部へ入部。チームは1965年に8チームで創設された日本サッカーリーグに参加、大久保はエースでセンターフォワード(CF)、後に兼任コーチとして活躍。しかし名相銀のメンバーは、昼は窓口業務や営業をこなす普通の銀行マンで、練習時間は少なく毎年入れ替え戦を戦った。しかし1971年シーズンJSL最下位となり入れ替え戦にも敗れ、会社の方針によりチームは休部した。大久保は渡部英麿の仲介で、他の広島出身選手と移籍を希望した計6人と共に、新たに山口県平生町にチームが設立された永大産業サッカー部へ移籍した。この事件は当時の新聞も大々的に報じた。

大久保は銀行マンらしく、トレード話が来た時すぐに永大産業の経営内容を調べた。あまりいい内容でなかったが、永大の社長・深尾茂との面接の日、本社受付の脇の壁にかかっていた社訓 “頭をつかって知恵を出せ。知恵の出せないものは汗を出せ。知恵も汗も出せないものは静かに去れ。“というシンプルで力強い言葉に感動、また深尾に「好きにすりゃええがな。お前のやりたいようにやったらええ。これからは、部長や専務など通さんでもいいから、直接わしに言ってこい」とチーム強化を一任され移籍を決意した。

1972年3月、永大産業サッカー部は正式に発足。大久保は初代監督としてチームを指揮、また「鬼監督」と呼ばれた厳しい指導でチームを強化した。JSL経験者が主力となった同チームは地方リーグでは桁違いの強さ、また当時は地域リーグが未整備で、現在のように何部にも分かれておらず、このカテゴリーを1年で通過。同年、全国社会人サッカー選手権大会決勝で帝人松山を破り、創部初年度でJSL2部入りという快挙を成し遂げた。翌1973年、JSL2部で甲府クラブ読売クラブとの優勝争いを制し、一部最下位だった田辺製薬との入れ替え戦にも勝ち2年目にJSL1部に昇格した。1974年から、ジャイロ、ジャイール、アントニオのブラジル人トリオが加わりチーム力が大きくアップ、また大久保は、当時まだ珍しかったオフサイドトラップを多用。JSL一部では苦戦し最下位となり、翌年の入れ替え戦に望むことになったが、この年の暮れから参加した第54回天皇杯では創部3年目で決勝進出という偉業に導いた。決勝は鬼武健二監督下で釜本邦茂らのいたヤンマーに1対2で敗れた。

JSL1部に残留した翌1975年セルジオ越後をコーチに迎え5位と健闘。しかし親会社の永大産業が業績を悪化させ、1976年からリストラが加速、また大久保も外国人登録制限に違反したと突然、日本サッカー協会から無期登録停止処分を受けた。この処分で酷く心の傷を負った大久保はコーチ・塩沢敏彦に監督を譲り、傷心のまま永大産業を去った。処分は根拠のないもので3か月後に解除されたが、会社は大久保を護ることも引き止めることもしなかった。1976年、チームは塩沢監督-セルジオ越後コーチの新体制でJSL7位。翌1977年、永大産業サッカー部は業績悪化のため廃部が決まった。移籍を希望した16人全員が本田技研東芝などへ移籍した。親会社の永大産業は1978年、約1,800億円の負債を抱え、当時としては戦後最大ともいわれた倒産をした。しかし苦節32年をかけて事業を復活させ2007年上場を果たしている。大久保は2007年現在も健在で、各地のサッカー会場に駆けつけ好きな写真を撮っているという。

アデマール・ペレイラ・マリーニョは、永大産業が日系ブラジル人助っ人を選ぶため、クルゼイロと練習試合をした際、大久保が目を付け、知り合いの札幌大学サッカー部監督の柴田勗に推薦し留学生として来日したもの[1]

選手歴[編集]

指導歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 加部究『サッカー移民―王国から来た伝道師たち』双葉社、2003年、128-129頁

参考文献[編集]

外部リンク[編集]