継谷昌三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
継谷 昌三 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ツギタニ ショウゾウ
ラテン文字 TSUGITANI Shozo
基本情報
生年月日 1940年6月25日[1]
大日本帝国の旗 大日本帝国兵庫県[2]
没年月日 1978年6月2日(満37歳没)[3]
日本の旗 日本神戸市垂水区[3]
身長 167cm[1]
体重 62kg[1]
選手情報
ポジション MF
ユース
1956-1958 関西学院高等部
1959-1962 関西学院大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
関学クラブ
1963-1967 三菱重工 40 (16)
代表歴2
1959  日本ユース
1961-1965 日本の旗 日本 12 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年2月19日現在。
2. 2016年2月19日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

継谷 昌三(つぎたに しょうぞう、1940年6月25日 - 1978年6月2日)は、兵庫県出身のサッカー選手。ポジションはMF

来歴[編集]

関西学院中学部サッカー部では3年次の1955年に主将を務めた[4]関学高等部でもサッカー部に所属して関学高等部の黄金時代の中心的な役割を担った[5]

1959年に関西学院大学に入学しサッカー部に所属し、この年に開催されたAFCユース選手権の日本代表に選出された[2]。また、大学3年次の1961年8月15日にはインドネシア代表戦で日本代表として初出場した[1]。大学4年次は主将を務めた他、1962年のアジア大会の代表に選出され出場も果たした[3]

1963年に大学を卒業して三菱重工に入社。1964年の東京五輪の日本代表に選出されたが出場機会は無く、1965年3月27日のマレーシア代表戦が日本代表として最後の出場となった[6]。なお、三菱重工時代は3年間で日本サッカーリーグのリーグ戦40試合に出場して16得点を挙げた。

1967年シーズンが終了した前後に三菱重工を退職して材木を取り扱う会社に入社したが2年で倒産。次いで入社した鮮魚取扱会社は汚染問題により同社社長が自殺した。この頃から継谷はアルコールに依存するようになったとされる[2]

1978年6月2日、神戸市垂水区の舞子台病院で肝硬変により死去した[3]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 - 天皇杯 期間通算
1965 三菱 JSL 7 - -
1966 1 -
1967 8 -
通算 日本 JSL1部 40 16 -
総通算 40 16 -

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 12試合 4得点(1961-1965)


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1961 2 0 1 0 3 0
1962 2 0 3 0 5 0
1963 5 4 10 2 15 6
1964 1 0 12 4 13 4
1965 2 0 2 0 4 0
通算 12 4 28 6 40 10

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 国際親善試合”. 日本サッカー協会. 2016年2月17日閲覧。
  2. ^ a b c 日外アソシエーツ who plus 2016年2月19日閲覧
  3. ^ a b c d 「継谷昌三氏(元東京オリンピックサッカー代表選手)死去」読売新聞、1978年6月3日、2016年2月19日閲覧
  4. ^ 中学部運動総部(関西学院事典)”. 関西学院大学. 2016年2月19日閲覧。
  5. ^ 高等部運動総部(関西学院事典)”. 関西学院大学. 2016年2月19日閲覧。
  6. ^ 国際親善試合”. 日本サッカー協会. 2016年2月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]