渡辺正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
渡辺 正 Football pictogram.svg
名前
愛称 闘将
カタカナ ワタナベ マサシ
ラテン文字 WATANABE Masashi
基本情報
生年月日 (1936-01-11) 1936年1月11日
大日本帝国の旗 大日本帝国広島県広島市
没年月日 (1995-12-07) 1995年12月7日(59歳没)[1]
日本の旗 日本千葉県千葉市
身長 170cm
体重 65kg
選手情報
ポジション FW
ユース
1958-1962 立教大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1953-1958, 1962-1971 八幡製鉄 / 新日鐵
代表歴
1957-1970[2] 日本の旗 日本 39 (12)
監督歴
1968 八幡製鐵 (Assistant)
1969-1975 八幡製鐵 / 新日鐵
1973  日本 ユース
1980 日本の旗 日本
1984-1986 立教大学
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

渡辺 正(わたなべ まさし、1936年1月11日 - 1995年12月7日)は、広島県広島市大手町(現・中区)出身の元サッカー選手FW)・監督サッカー日本代表選手として出場したメキシコオリンピックでは、この大会から初めて怪我などの理由を伴わない選手交代が認められた為、今で言うスーパーサブ役を担い、銅メダル獲得に貢献[3][4]。また、気性の激しい選手としても知られた元祖"闘将"[3][5]

来歴[編集]

実家は爆心地にあった日蓮宗本経寺。原爆で寺に残った父を失うが、自身は集団疎開で難を逃れる。終戦後は原爆で焼け野原になった町で、壊れた墓石運びの手伝いをさせられ、これが足腰の鍛錬になった。広島市立千田小学校広島市立国泰寺中学校を経て、崇徳高等学校へ進学するが、同校にサッカー部がなく、1年の2学期に編入試験を受け広島市立基町高等学校へ転入学。高校卒業後の1954年、同郷の名将・寺西忠成が監督を務めていた八幡製鉄サッカー部へ入部。当時の八幡製鉄は広島出身者が多数を占め、荒っぽい広島弁が飛び交う「野武士軍団」だったが、中でも渡辺の個性は出色で、チーム一の酒豪で毎晩のようにネオン街へ繰り出し、泥靴で寝床に入ることもしばしばだったと言う[3]。八幡製鉄は渡辺が入社した年から勝星を伸ばし、全日本の大会で次々と好成績を収めた。負けず嫌いな性格から八幡製鉄を一度退社し、1958年立教大学へ入学。在学中の1959年関東大学サッカーリーグと東西学生王座決定戦で優勝を経験した。大学卒業後の1962年に再び八幡製鉄へ入部し[3]1960年代前後の黄金期の原動力として活躍。その熱血漢振りから「闘将」と呼ばれた。1960年ローマオリンピック予選から全日本に選ばれる。東京オリンピック1964年)、メキシコシティオリンピック1968年)2大会連続で出場。メキシコ五輪から、怪我等の理由を伴わない交代が1試合2名まで初めて認められた為[4]、日本はこの新ルールを積極的に使い、FW(ウイング)の渡辺を現在でいうスーパーサブにして成功した[4]。メキシコでは、松本育夫と右ウイングの位置を分け合い、右サイドを高速で駆け上がりゴールを奪った。この大会6試合、日本の9得点のうち7得点が釜本で、あとの2得点は渡辺が挙げたものである[3]。特に1次リーグ2戦目の対ブラジル戦では、1点リードされ敗色濃厚の後半終了間近に投入されると、杉山隆一の左からのクロスを釜本邦茂が相手選手3人に競り勝って頭で折り返し、ゴール前に詰めた渡辺がダイレクトボレーで決めた。この同点弾がなければ、銅メダルもなかった[3]。異常な才能、或いはカンで、はるかに前からボールの落ち所を正確に予想し、渡辺に魅せられているかのように目の前にボールが落ちてきたという。代表通算39試合出場、Aマッチ通算12得点は歴代13位の記録。

晩年はプレーの切れ味こそ衰えたものの、ゴールへの執念はなお健在で、ゴール前のスペシャリストと呼ばれた。

1968年には八幡製鉄の選手兼任コーチ、1969年からはプレイングマネージャーとなり、選手引退後も1975年まで監督を続けた[6]1971年からは日本代表Bチーム、日本ユース代表(1973年)、日本ジュニア代表、日本選抜、日本代表(1979年コーチ, 1980年監督)の監督・コーチを歴任。ユース代表監督時代はアジアユース大会で準優勝。木村和司風間八宏田嶋幸三西村昭宏など若き才能を多く抜擢した。しかし、代表監督就任から5ヶ月でクモ膜下出血で倒れ、左半身不随となる。代表監督が任期中に倒れたのは渡辺とオシムだけ。この時は急遽、川淵三郎が後任となった。懸命なリハビリの末、半年後には新日鐵東京本社で業務に復帰するまで回復した。母校・立大サッカー部の監督(1984年 - 1986年)を経て、1987年からは日本サッカー協会へ出向した。

1995年12月7日千葉市心不全により死去した[1]2006年日本サッカー殿堂入り[6]

逸話[編集]

  • 代表時代に「そうじゃけんのう」という広島弁をやたら使うので、デットマール・クラマーが覚え、ミーティングの時に選手が緊張すると、クラマーはしばしばこの言葉を使いみんなを笑わせた。
  • 明治大学在学中の木村和司を日本代表の右ウイングに抜擢した。木村は非常にコントロールの難しい選手で練習嫌い、わがままという評判があり、渡辺と同郷でもあったため大学卒業後は新日鐵入りが確実とされ、他はどこも手を出さなかった。しかし諸般の事情により日産自動車に入部した[7]。このことはその後の日本リーグの勢力地図を大きく変えたといわれている。
  • 気性の激しい選手として知られたが、松本育夫ヤマハの「つま恋ガス爆発事故」で瀕死の重傷を負い長期入院を強いられたときには、仕事の帰りに毎日見舞いに行き松本を励ました。
  • 奥寺康彦ムルデカ大会前の代表合宿で、当時コーチだった渡辺が夜荒れて「お前ら若いのに」と絡むので言い返してケンカになったが、選手になにクソと思わせるための接し方だったのだろうと述べている[8]
  • 横山謙三は渡辺と一緒にサッカーをやってみたいと立教大学に進学したという[9]

所属クラブ[編集]

  • 1953年 - 1958年:八幡製鉄
  • 1958年 - 1962年:立教大学
  • 1962年 - 1971年:八幡製鉄/新日本製鐵 通算79試合出場 19得点

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 - 天皇杯 期間通算
1965 八幡 JSL -
1966 -
1967 -
1968 -
1969 -
1970 新日鐵 -
1971 -
通算 日本 JSL 79 19 -
総通算 79 19 -

代表歴[編集]

  • 日本代表初出場(国際Aマッチ):1958年12月25日 対香港戦(香港)
  • 日本代表初出場:1957年10月20日 対人民解放軍八一隊(中国)戦(北京)
  • 日本代表初得点:1958年12月28日 対マラヤ戦(クアラルンプール)

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 39試合 12得点(1958-1969)[2]


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1957 0 0 3 0 3 0
1958 2 1 2 1 4 2
1959 8 4 7 3 15 7
1960 1 0 12 1 13 1
1961 6 1 4 1 10 2
1962 3 0 4 2 7 2
1963 5 3 8 2 13 5
1964 1 0 7 0 8 0
1965 3 0 10 5 13 5
1966 2 1 6 2 8 3
1967 3 1 5 1 8 2
1968 2 0 15 2 17 2
1969 3 1 9 1 12 2
1970 0 0 2 0 2 0
通算 39 12 93 21 132 33

得点数[編集]

# 年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1 1958年12月28日 マラヤ連邦クアラルンプール マレーシアの旗 マラヤ連邦 2-6 敗戦 親善試合
2 1959年1月4日 マラヤ連邦、ペナン 3-1 勝利 親善試合
3 1959年1月10日 シンガポール シンガポールの旗 シンガポール 4-3 勝利 親善試合
4 1959年1月11日 2-3 敗戦 親善試合
5 1959年8月31日 マラヤ連邦、クアラルンプール 香港の旗 香港 1-1 引分 ムルデカ大会
6 1961年8月6日 インドの旗 インド 3-1 勝利
7 1963年8月8日 マレーシア、クアラルンプール マレーシアの旗 マレーシア 4-3 勝利
8 1963年8月10日 タイ王国の旗 タイ 4-1 勝利
9 1963年8月12日 南ベトナムの旗 ベトナム共和国 5-1 勝利
10 1966年12月16日 タイ、バンコク シンガポールの旗 シンガポール 5-1 勝利 1966年アジア競技大会
11 1967年9月27日 日本、東京 フィリピンの旗 フィリピン 15-0 勝利 メキシコ五輪予選
12 1969年10月10日 大韓民国、ソウル オーストラリアの旗 オーストラリア 1-3 敗戦 1970 FIFAワールドカップ予選

指導歴[編集]

  • 1969年 - 1975年:八幡製鉄/新日本製鐵 監督
  • 1977年 - 1979年:日本代表 コーチ
  • 1980年:日本代表 監督
  • 1984年 - 1986年:立教大学 監督

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 JSL杯 天皇杯
1969 JSL 八幡 3位 14 15 5 5 4 - ベスト8
1970 新日鐵 6位 14 13 5 3 6 - 資格なし
1971 3位 14 18 8 2 4 - ベスト4
1972 JSL1部 6位 14 12 4 4 6 - ベスト8
1973 6位 18 16 7 2 9 ベスト4 ベスト8
1974 5位 18 19 8 3 7 - 3回戦
1975 4位 18 21 9 3 6 - ベスト8

脚注[編集]

  1. ^ a b 「渡辺正氏死去」 朝日新聞、1995年12月9日、2014年9月22日閲覧
  2. ^ a b “渡辺 正”. サッカー日本代表データベース. http://www.japannationalfootballteam.com/players_wa/masashi_watanabe.html 
  3. ^ a b c d e f サッカー・渡辺正 窮地を救った同点弾 - 一般社団法人 日本トップリーグ連携機構
  4. ^ a b c サッカーの話をしようNo.95 3人目の交代をどう使うか-大住良之オフィシャルアーカイブサイト
  5. ^ 週刊サッカーマガジン2012年6月5日号p77
  6. ^ a b 渡辺正”. 日本サッカーアーカイブ. 2013年8月31日閲覧。
  7. ^ 『モダンサッカーへの挑戦』加茂周講談社、p58-60、1994年
  8. ^ 佐山一郎『こんなサッカーのコラムばかり雑誌に書いていた。』双葉社、2001年、p66-67
  9. ^ 第5回 横山謙三さんインタビュー03 - NPO法人 日本オリンピアンズ協会

参考文献[編集]

  • 『サッカーに賭けた青春』長沼健 講談社(1969年)
  • 『日本サッカーリーグ全史』日本サッカーリーグ、1993

関連項目[編集]

外部リンク[編集]