亀井英三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
亀井英三郎

亀井 英三郎(かめい えいざぶろう、1864年4月29日元治元年3月24日) - 1913年大正2年)2月26日)は、日本法制内務官僚政治家貴族院議員肥後国(現熊本県)出身。

経歴[編集]

熊本藩士・亀井忠左衛門の三男として生まれる。1888年(明治21年)、帝国大学法科大学(現東京大学法学部)卒業。同年12月、高等試験に合格し法制局試補となる。1890年(明治23年)、法制局参事官に就任。

1902年明治35年)2月、徳島県知事に就任。その後、1904年(明治37年)1月に静岡県知事、1905年(明治38年)12月、宮城県知事に就任。

1908年(明治41年)の第2次桂内閣の際に警視総監に就任。1911年(明治44年)8月24日、貴族院勅選議員に任じられ[1]、死去するまで在任。

1913年(大正2年)2月26日、死去。墓所は東京都港区にある青山霊園

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第8454号、明治44年8月25日。
  2. ^ 『官報』第4949号「叙任及辞令」1899年12月28日。
  3. ^ 『官報』第6148号「叙任及辞令」1903年12月28日。
  4. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  5. ^ 『官報』第7578号・付録「辞令」1908年9月28日。
  6. ^ 『官報』第8454号「叙任及辞令」1911年8月25日。
  7. ^ 人事興信所編『人事興信録』第7版、1925年、か142頁。
  8. ^ 同上、さ114頁。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。