総理府総務長官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

総理府総務長官(そうりふそうむちょうかん)は、日本総理府長官

概要[編集]

総理府は、「内閣の下に行政事務をつかさどる機関」として各省と並置されている行政機関であるため、内閣そのものの補助部局とされる内閣官房とは組織上の位置づけが明確に異なる[1]。総理府の職員が内閣官房の事務を兼務処理していたことなどから、内閣総理大臣官房が内閣官房の事務を行っていた体制を改め、内閣官房を独立させ[2]、更に次官級の職を総理府に設けることが行財政改革として掲げられていた。そのため総理府の事務をマネジメントする職として総務長官が置かれた。1963年6月11日から総務長官は認証官となり、1965年5月19日には国務大臣となった。

歴代総理府総務長官[編集]

氏名 内閣 在任期間 兼務等
総理府総務長官
1 今松治郎 第1次岸内閣 1957年8月1日 - 1958年6月12日
2 松野頼三 第2次岸内閣 1958年6月12日 - 1959年6月18日
3 福田篤泰 第2次岸内閣 1959年6月18日 - 1960年7月19日
4 藤枝泉介 第1次池田内閣 1960年7月19日 - 1960年12月8日
5 第2次池田内閣 1960年12月8日 - 1961年7月18日
6 小平久雄 第2次池田内閣 1961年7月18日 - 1962年7月18日
7 徳安実蔵 第2次池田内閣 1962年7月18日 - 1963年6月11日
総理府総務長官(認証官)
8 徳安実蔵 第2次池田内閣 1963年6月11日 - 1963年7月18日
9 野田武夫 第2次池田内閣 1963年7月18日 - 1963年12月9日
10 第3次池田内閣 1963年12月9日 - 1964年7月18日
11 臼井荘一 第3次池田内閣 1964年7月18日 - 1964年11月9日
12 第1次佐藤内閣 1964年11月9日 - 1965年5月18日
総理府総務長官(国務大臣)
13 臼井莊一 第1次佐藤内閣 1965年5月19日 - 1965年6月3日
14 安井謙 第1次佐藤内閣 1965年6月3日 - 1966年8月1日
15 森清 第1次佐藤内閣 1966年8月1日 - 1966年12月3日
16 塚原俊郎 第1次佐藤内閣 1966年12月3日 - 1967年2月17日
17 第2次佐藤内閣 1967年2月17日 - 1967年11月25日
18 田中龍夫 第2次佐藤内閣 1967年11月25日 - 1968年11月30日
19 床次徳二 第2次佐藤内閣 1968年11月30日 - 1970年1月14日
20 山中貞則 第3次佐藤内閣 1970年1月14日 - 1972年7月7日 環境庁長官(1971年7月1日から同月5日まで)
沖縄開発庁長官(1972年5月15日以降)
21 本名武 第1次田中角榮内閣 1972年7月7日 - 1972年12月22日 沖縄開発庁長官
22 坪川信三 第2次田中角榮内閣 1972年12月22日 - 1973年11月25日 沖縄開発庁長官
23 小坂徳三郎 第2次田中角榮内閣 1973年11月25日 - 1974年12月9日 沖縄開発庁長官
24 植木光教 三木内閣 1974年12月9日 - 1976年9月15日 沖縄開発庁長官
25 西村尚治 三木内閣 1976年9月15日 - 1976年12月24日 沖縄開発庁長官
26 藤田正明 福田赳夫内閣 1976年12月24日 - 1977年11月28日 沖縄開発庁長官
27 稲村佐近四郎 福田赳夫内閣 1977年11月28日 - 1978年12月7日 沖縄開発庁長官
28 三原朝雄 第1次大平内閣 1978年12月7日 - 1979年11月9日 沖縄開発庁長官
29 小渕恵三 第2次大平内閣 1979年11月9日 - 1980年7月17日 沖縄開発庁長官
30 中山太郎 鈴木善幸内閣 1980年7月17日 - 1981年11月30日 沖縄開発庁長官
31 田邊圀男 鈴木善幸内閣 1981年11月30日 - 1982年11月27日 沖縄開発庁長官
32 丹羽兵助 第1次中曽根内閣 1982年11月27日 - 1983年12月27日 沖縄開発庁長官
33 中西一郎 第2次中曽根内閣 1983年12月27日 - 1984年6月30日 沖縄開発庁長官
  • 辞令のある再任は個別の代として記載し、辞令のない留任は記載しない。
  • 海外出張時等の一時不在による臨時代理は記載しない。
  • 新たに認証官とされた時および国務大臣をもって充てることとされた時は、それぞれ同一人が引き続き就任したが、新制度移行の前日をもっていったん本官を免ぜられ移行当日に改めて任命する措置がとられた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『ジュリスト増刊 最高裁 時の判例Ⅳ』有斐閣、2004年3月発行、123頁
  2. ^ 佐藤功『行政法』有斐閣、1958年12月25日発行、329頁