田邊圀男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
田邊圀男
たなべ くにお
生年月日 1913年9月24日
出生地 山梨県甲州市
没年月日 (2005-12-19) 2005年12月19日(満92歳没)
出身校 山梨県立日川高等学校
早稲田大学
所属政党 (自由民主党→)
(無所属→)
自由民主党
称号 勲一等旭日大綬章
親族 父・田辺七六
伯父・田邊宗英
長男・田辺篤

Flag of Yamanashi Prefecture.svg 公選第6-8代 山梨県知事
当選回数 3回
在任期間 1967年2月17日 - 1979年2月16日

日本の旗 衆議院議員(3期目)
選挙区 比例南関東ブロック
当選回数 1回
在任期間 1996年10月21日 - 2000年6月2日

日本の旗 衆議院議員(2期目)
選挙区 山梨県全県区
当選回数 5回
在任期間 1979年10月8日 - 1993年6月18日

日本の旗 衆議院議員(1期目)
選挙区 山梨県全県区
当選回数 3回
在任期間 1958年5月23日 - 1967年1月21日
テンプレートを表示

田邊 圀男田辺 国男、たなべ くにお、1913年9月24日 - 2005年12月19日)は、日本政治家自由民主党衆議院議員山梨県知事鈴木改造内閣沖縄開発庁長官、総理府総務長官を歴任したほか、田辺酒造店主。

来歴・人物[編集]

山梨県塩山市下於曽(現在の甲州市)に生まれる。造酒業を営む田辺家の次男。田邊宗英の甥にあたる。父の田邊七六は戦前に実業界から衆議院議員となった人物で、立憲政友会に所属し幹事長を務め、戦後も日本進歩党に所属し、自民党山梨県連初代会長を務め山梨県政に影響力を持っていた。

1938年(昭和13年)に早稲田大学政治経済学部を卒業し、1958年(昭和33年)に第28回衆議院議員総選挙において旧山梨全県区から立候補し初当選して以来、通算当選9回(当選同期に安倍晋太郎倉成正斎藤邦吉など)。初当選の際には同選挙区からは金丸信も初当選しており、天野久知事に近い党主流(佐藤→田中派)の金丸のほか、安定した選挙基盤を持つ内田常雄堀内一雄堀内光雄の父)らと鎬を削った。

戦後の山梨県政では既成勢力の支持した官僚知事の吉江勝保により戦災復興が行われ、1951年(昭和26年)の第二回知事選で保革連合による支持を受けた民主党代議士天野久が初の県人知事として当選した。天野県政は分裂していた保守派を統合して安定した政治基盤を築き、野呂川総合開発新笹子トンネル、富士北麓開発など開発を重視した総合開発政策が実施され、災害復旧や北富士演習場問題が懸案事項であった。県政後期には農政を巡る対立や、総合開発のため中央の自民党主流佐藤派との関係を深めていたことから党の対立構造が影響し、自民党非主流の川島正次郎派の田辺は佐藤派の議員金丸信と対立し、天野の多選反対を展開した。

1962年(昭和37年)の知事選では前自民党県連会長で県農協政治連盟の星野重次が出馬するが天野は四選を果たし、五選を前にした1967年(昭和42年)の知事選においては国政でも自民党内から知事の多選反対論が噴出しており、田辺も堀内や前知事の吉江勝保らと五選反対論を展開した。同年5月には日本社会党山梨県本部や農政連を中心に県政刷新連が組織され、10月の県議会議員選挙では天野派と反天野派が拮抗する状態となった。同月25日に組織された県政浄化同志会で田辺は副会長に選出され、同志会は自民党の多選反対派が合流して保革連合が成立する。

刷新連の候補者選定では自民党の堀内のほか社会党の小林信一や星野重次らの名前が浮上するが、それぞれ保守派や革新派の支持が集まらず、県政浄化同志会の支持や年齢の点から田辺が候補者に選定される。田辺は北富士演習場の全面返還と平和利用や恩賜林開発における入会権の尊重など県政課題における社会党主導で作られた刷新連の綱領や、副知事の革新派から選出することを条件に立候補を承諾した。

天野は立候補の辞退を固持したため自民党は五選を推進し、田辺は第1次佐藤内閣解散に伴う総選挙と同時に行われた知事選で10万票差で天野を破り、戦後の公選第三代知事に就任した。以来、1979年(昭和54年)まで3期12年務める。

田辺県政[編集]

田辺県政時代に建設された県立美術館

高度経済成長期にあたる天野県政は「富める山梨」をスローガンに、経済第一主義で道路整備や工業団地造成など産業基盤整備に着手していたが、県内の工業生産は未だ発展途上にあり、一方では地場産業への打撃や開発に伴う環境問題公害の発生も顕在化していた。

田辺県政においては自然環境の保全と両立した経済発展が望まれ、田辺県政は「健康山梨」をスローガンに環境保全に配慮した「グリーンプラン」を提唱し、後援会も「緑友会」とした。公害防止条例や一村一工場誘致、一兆円生産や100万人人口などを目標に掲げる。こうした田辺県政の方針により県有林の伐採が抑制されたため恩賜県有財産特別会計は赤字となり、林業に打撃を与えたため山間地域での過疎化が進行し、県有林の活用策が県政の争点となる。1971年(昭和46年)の知事選では刷新連の結束力が弱体化していたものの二期目の当選を果たし、山間部の観光開発を主眼とした「連峰スカイライン」構想を提唱するが、これには環境保護を巡って議論が起こった。

全面返還を公約とした北富士演習場問題は北富士演習場対策協議会(演対協)が政府や防衛省との折衝にあたっていたが交渉は膠着しており、1969年(昭和44年)には県と政府の使用協定更新が迫っていた。占有期限の失効が迫ると同年7月には田辺と首相の田中角栄と会談し、国有地の払い下げや民政安定事業の積極措置を条件に既定方針を転換して使用協定を更新する。この協定により演習場問題は一段落するが、社会党勢力との連携が崩れることになった。

1974年(昭和49年)の知事選では、前年のオイルショックの影響を受け産業基盤整備が遅延し、離反した社会党勢力による候補者擁立など不安要素はあったものの三選を果たした。不況が持続していた三期目では山梨県立美術館の建設や山梨県立県民文化ホールの着工(完成は望月県政期)などとソフト面を強調した県政を推進し、「文化不毛の地」と評されていた山梨県における文化事業の推進を行う。

県政末期には日本経済も安定成長期に入ったため県財政も好転し四期目を志向するが、この頃には金丸信は国政においても影響力を強めており、県政でも天野前知事の政治勢力を継承し県議会でも最大勢力となっていた。金丸派は四選阻止のため、社会党勢力と結束し副知事の望月幸明を対抗候補に擁立し、1979年(昭和54年)の知事選では1万2000票差で敗北した。

退任後の活動[編集]

その後は衆議院議員に戻り、鈴木善幸内閣の沖縄開発庁長官、総理府総務長官などを歴任した。自民党では、福田赳夫安倍晋太郎三塚博森喜朗派(清和政策研究会)に所属し、田中派竹下派の金丸信と政争を繰り広げた。1991年の山梨県知事選では金丸の推す元副知事の小沢澄夫に対して石和町長だった天野建を推し、天野は当選した。1993年第40回衆議院議員総選挙で落選するが、1996年第41回衆議院議員総選挙で比例南関東ブロックにて返り咲く(このとき83歳)。2000年(平成12年)政界を引退。

2005年(平成17年)12月19日老衰のため甲州市の病院で死去。享年92。

家族[編集]

叔父の田邊宗英日本ボクシングコミッションの初代コミッショナーで後楽園ホールを経営する後楽園スタヂアム(現・東京ドーム)の社長)と同じく熱心なボクシングファンで知られ、自身は田辺ジムというボクシングジムを経営し田辺清(縁戚や姻戚は皆無)のマネジメント。

長男の田邊篤は現甲州市長、前山梨県議会議員