天野建

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
天野建
あまの けん
生年月日 1928年2月24日
出生地 山梨県大月市
没年月日 (2005-02-17) 2005年2月17日(満76歳没)
出身校 無線電信講習所中退
(現電気通信大学
所属政党 無所属
親族 父・天野久

Flag of Yamanashi Prefecture.svg 公選第12-14代 山梨県知事
当選回数 3回
在任期間 1991年2月17日 - 2003年2月16日

Flag of Yamanashi Prefecture.svg 山梨県石和町長
当選回数 3回
在任期間 1979年4月 - 1991年10月
テンプレートを表示

天野 建(あまの けん、1928年2月24日 - 2005年2月17日)は、日本の政治家。旧東八代郡石和町(現笛吹市)町長。山梨県公選第5代知事(1991年2月17日 - 2003年2月16日・3期12年)、

山梨県大月市出身。父親は笹一酒造創業者、山梨県知事の天野久で3男。旧制山梨県立都留中学校(現山梨県立都留高等学校)卒業。無線電信講習所(現電気通信大学)中退。

来歴・人物[ソースを編集]

元祖「草の根知事」[ソースを編集]

中央政界においても影響力を持っていた金丸信の後援を受け、県議会においてもオール与党体制を確立して県政を行っていた望月幸明知事は公約に3期12年での引退を掲げており、1991年山梨県知事選において不出馬を決めた。

自民党山梨県連は知事選に際して分裂し、当時の4大政党(自民・社会・公明・民社)と金丸信が推薦する小沢澄夫元副知事に対し、天野は元知事の田邊圀男、自民党議員の堀内光雄の支持を受けるが政党の推薦・支持がないまま「権力批判」「草の根」の選挙戦術を展開し、小沢を5000票差で破り、初当選を遂げた。父の天野久も山梨県知事だったが、同一公選知事職の親子世襲が実現したのは天野親子だけ(ただし、空白期間が24年間存在する)。このあと誕生する「無党派知事」の魁と呼ばれた。2期目以降は日本共産党以外の全政党が推薦するオール与党知事だった。

政治手腕[ソースを編集]

石和町長時代は「スコレー都市」宣言を行ない、スコレーセンターを建設するなど、生涯学習の充実に尽力している。

県知事就任後は「幸住県やまなし」の実現を公約に掲げ、「環境首都」など経済指標に現われない豊かさを目指し、幸住県計画を立案した。そのため天野県政の政策は主に医療福祉に重点を置いている。まず県内では新患こそいなくなったものの未だに風土病(山梨では地方病と呼ばれていた)として恐れられていた日本住血吸虫病の撲滅に乗り出し、用水路のコンクリート化などを徹底した結果、1996年(平成8年)の根絶を宣言するまでに至った。また山梨県立中央病院の近代化やミネラルウォーター税の導入を提唱するなどもしている。天野県政最大の功績とも評されていることとして天野が知事になるまでの山梨県庁は人事が選挙の結果に直結する「選挙人事」が行われていたが、天野は「選挙人事」を行わず職員が選挙結果に一喜一憂せずに職務に専念できるようになった。これが天野知事の人柄について評価される一面ともなっている。

このように医療福祉の面では評価を受けたが、就任時にバブル経済崩壊の時期と重なったのにも関わらず上述の経済指標に捉われない政策を行ない、望月時代の甲府駅北口再開発の白紙化など各事業・開発の縮小やを行なった結果、これまで全国平均以上の伸びを記録していた県の経済が冷え込む要因となっている。甲府西武LIVIN化を目指して隣接していた県有地の買収を打診したが拒否[1]したため甲府西武は拡張を断念して閉鎖、結果甲府市中心部の空洞化を招いている。また孫正義ソフトバンク社長は現在の甲斐市にIT拠点を設けようと県に陳情を行なったものの、消極的な天野県政に失望し撤退を余儀なくされた。この時のことに関して孫は講演会で「山梨県は宝をみすみす逃した」と批判[2]、またソフトバンクと共にこの事業を見込んで不動産投資をしていたHAL研究所は資金繰りが悪化し倒産の遠因となっている[3]。特に甲府市に関しては北口再開発の白紙化や甲府西武の撤退など負のイメージばかりがつきまとい、2000年にはPHP研究所「THE21」が発表した「全国自治体ランキング」において最下位の評価を受ける事態となり、当時の山本栄彦甲府市長が反発するなどしたが、これらの要因は天野県政にあるともいえる。

一方で幸住県政策のため上述の県立中央病院の改築をはじめ県立フラワーセンター山梨県小瀬スポーツ公園武道館山梨県立博物館など県営施設の計画・建設を推進し、さらに県内の組合によって構想が挙がったグランパーク建設の際には多額の補助金を出資。また「公共関与による産業廃棄物最終処分場の整備方針」を策定し、北巨摩郡明野村(現・北杜市明野町)や中巨摩郡中道町(現・甲府市)の米倉山最終処分場清掃工場の建設を進めるも環境団体や近隣住人から反発を受け、前者は明野処分場として退任後に開設されるが赤字などにより完全に埋め立てられる前に閉鎖、後者は事業そのものが凍結となり山梨県土地開発公社の経営難の要因になっている。さらに任期中「中小企業高度化資金」を乱発した結果108億円もの焦げ付きが発生したことが横内正明知事就任になってから発覚し、47億円もの県費で償却せざるを得なくなるなど[4]事業の停滞やその後赤字体質・環境問題となる政策が多かった。

なお、これらの諸問題について天野の後任知事となった山本前甲府市長時代に県立フラワーセンターの民間委託化や甲府市中心市街地活性化基本計画による甲府駅北口再開発の再開、また清掃工場建設が凍結された米倉山については横内時代に県が買収のうえ米倉山太陽光発電所が建設されている。

県知事として3期12年を務めたが、かつての山梨県知事にも見られた多選禁止の風潮と健康上の理由から2003年2月16日に引退。その丁度2年後の2005年2月17日に肺炎のため逝去している。

著書[ソースを編集]

  • 天無私(てんわたくしなし)―地方行政二十四年の回顧(山梨ふるさと文庫)
  • 明日の山梨(山梨ふるさと文庫)
  • 自らのために計らわず 《スコレー都市・石和》に夢を託して(ぎょうせいISBN 9784324025482
  • 山は青く水は清く 幸住県山梨の実現をめざして(ぎょうせいISBN 9784324050057

注釈[ソースを編集]

  1. ^ この時県庁舎本館の耐震対策について建て替えか補強かで話し合いが行われており、その中で甲府西武に売却した場合工事の際土地が不足する可能性があったため民間へ下手に売ることが出来なかった。その後財政難を理由に補強ということで2002年に耐震工事が完了している。
  2. ^ 【1】甲府駅北口開発 ITでどう活性化(2008年2月15日 読売新聞)
  3. ^ この時同社の開発部長として岩田聡がいたが、任天堂の支援を受ける際山内溥から指名され社長に就任。開発した星のカービィが大ヒットしてHAL研究所は持ち直し、岩田はその後任天堂社長に就任している。
  4. ^ 2012年8月9日、朝日新聞県内版

外部リンク[ソースを編集]