福田虎亀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福田虎亀

福田 虎亀(ふくだ とらかめ[1] / とらき、1884年明治17年)7月27日 - 1970年昭和45年)2月15日[1])は、日本の内務官僚政治家熊本市長、官選山梨県知事衆議院議員俳句を嗜み「石馬」とした[1]

経歴[編集]

熊本県玉名郡伊倉村(現在・玉名市)出身。福田恭敬の長男として生まれる。熊本県立熊本中学校官立第五高等学校を経て、1912年7月に東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業[1]1913年11月、文官高等試験行政科試験に合格。1914年(大正3年)内務省に入省し同年4月に熊本県属となる[1]

以後、熊本県警部、同葦北阿蘇飽託の各郡長、愛知県理事官福島県警察部長、岡山県警察部長、警察講習所教授兼内務事務官富山県書記官・内務部長、福岡県若松市長、京都府内務部長などを歴任[1]

1931年(昭和6年)6月27日、山梨県知事に就任したが、同年12月18日に休職[2]1932年(昭和7年)1月29日、依願免本官となり退官した[3]。同年2月、第18回衆議院議員総選挙で山梨県選挙区に立憲民政党から出馬し当選。のち国民同盟に属し、衆議院議員を一期務めた。さらに神戸市助役に就任。

1946年、第13代熊本市長となり、翌年公選制で第14代熊本市長に選出された。水道増設、熊本市電再建、母子寮設置など戦後復興と民政安定に努めた。勲三等旭日中綬章受章。

1970年2月15日死去。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『山梨百科事典 創刊120周年記念版』797頁。
  2. ^ 『官報』第1493号、昭和6年12月19日。
  3. ^ 『官報』第1523号、昭和7年1月30日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 山梨縣編『山梨縣政五十年誌』昭和17年。
  • 『山梨百科事典 創刊120周年記念版』山梨日日新聞社、1992年。


公職
先代:
石坂繁
Flag of Kumamoto, Kumamoto.svg 熊本市長
第13・14代:1946 - 1948
次代:
佐藤真佐男