多湖實夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

多湖 實夫(たご じつお[1]1898年明治31年)6月16日[2] - 1985年昭和60年)5月11日[1])は、日本の内務官僚実業家。官選山梨県知事、学校法人愛知医科大学理事長、ワシントンホテル社長。

経歴[編集]

三重県員弁郡笠田村(現いなべ市)出身[1]。多湖實の長男として生まれる[2]愛知県立第一中学校第八高等学校を卒業[1]1922年東京帝国大学法学部法律学科を卒業。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。内務省に入省し東京府属となる[2][3]

以後、内務省社会局勤務、奈良県理事官、内務省社会局事務官・保険部勤務、静岡県書記官・経済部長、第16回国際労働会議出席(1932年ジュネーヴ開催、政府側顧問)、東京府学務部長、宮城県書記官・総務部長[4]大阪府総務部長などを歴任[2]

1942年(昭和17年)7月7日、山梨県知事に就任。学童疎開の受け入れ、戦時下の対応などに尽力。1945年(昭和20年)4月21日に知事を退任[2]。同年に退官し、戦後、公職追放となった[3]

戦後は、名古屋国際ホテル社長、ワシントンホテル社長、学校法人愛知医科大学理事長などを務めた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『ジャパン WHO was WHO 物故者事典 1983-1987』376-377頁。
  2. ^ a b c d e 『新編日本の歴代知事』508頁。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』236頁。
  4. ^ 『官報』第3977号、昭和15年4月11日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 日外アソシエーツ編『ジャパン WHO was WHO 物故者事典 1983-1987』日外アソシエーツ、1988年。