中路雅弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

中路 雅弘(なかじ まさひろ、1926年7月14日 - 2002年1月14日)は日本政治家衆議院議員(5期)。

京都府出身。旧制成城高等学校(現成城大学)を経て1947年京都帝国大学法学部を中退。

経歴[ソースを編集]

日本青年共産同盟(現・日本民主青年同盟)中央委員や日本共産党神奈川県常任委員として活動し、1967年の参議院補欠選挙に神奈川県選挙区から共産党公認で立候補するが落選。その後1968年第8回)・1971年第9回)の参議院選挙にも立候補するも落選。翌1972年第33回衆議院議員総選挙に旧神奈川2区から立候補し初当選[1]。その後は当落を繰り返し、1976年第34回)・1983年第37回)・1990年第39回)・1993年第40回)の総選挙では落選。1979年第35回)・1980年第36回)・1986年第38回)・1996年第41回)の総選挙では当選。なお、1996年は小選挙区制神奈川10区[2]から出馬し、同選挙区では新進党永井英慈に敗れたものの、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活当選となった。2000年第42回衆議院議員総選挙には立候補せず、政界を引退した。

事実上の後継は大森猛である。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 同選挙区での共産党候補の当選は、1949年第24回衆議院議員総選挙での今野武雄以来だった。
  2. ^ 同選挙区は川崎市川崎区幸区中原区からなり、旧神奈川2区の一部だった。