小林信一 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 信一(こばやし しんいち、1908年明治41年)1月27日[1][2] - 1983年昭和58年)8月15日[1][3][注 1])は、昭和期の教育者労働運動家、政治家衆議院議員

経歴[編集]

山梨県東山梨郡松里村上井尻(塩山町、塩山市を経て現甲州市塩山上井尻)出身[1]。日川中学校(現山梨県立日川高等学校)を経て[1]、1926年(大正15年)山梨県師範学校第2部を卒業した[1][2][3]

南都留郡盛里小学校訓導[1]、旭尋常高等小学校訓導、山梨国民学校教頭、峡東青年学校長などを歴任し[3]、1947年(昭和22年)松里中学校長に就任[1]。1948年(昭和23年)山梨県教職員組合執行委員長となり[1]、山梨県連合教育会副会長も務めた[3]

1949年(昭和24年)1月の第24回衆議院議員総選挙山梨県全県区から無所属で出馬して当選[4]第25回総選挙では次点で落選[5]第26回第27回総選挙では当選[5]第28回総選挙では次点で落選[5]第29回総選挙では当選し、第30回総選挙では次点で落選[5]第31回から第33回総選挙まで当選し[6]、衆議院議員に通算7期在任した[1][2][3]。この間、衆議院産業公害対策特別委員長、同公害対策特別委員長、日本社会党山梨県本部委員長、社会党本部会計監査委員、同党衆参両院議員総会長などを務めた[1][3]。1976年(昭和51年)12月の第34回総選挙に出馬したが次点で落選した[7]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『新訂 政治家人名事典』252頁では昭和58年8月16日。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『山梨百科事典』増補改訂版、387頁。
  2. ^ a b c 『新訂 政治家人名事典』252頁。
  3. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』245-246頁。
  4. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』122頁。
  5. ^ a b c d 『国政選挙総覧 1947-2016』123頁。
  6. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』123-124頁。
  7. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』124頁。

参考文献[編集]

  • 『山梨百科事典』増補改訂版、山梨日日新聞社、1989年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。