石田三示

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石田三示
いしだ みつじ
生年月日 (1952-01-27) 1952年1月27日(65歳)
出生地 日本の旗千葉県鴨川市
出身校 千葉県立長狭高等学校
前職 農事組合法人代表理事
所属政党 民主党→)
新党きづな→)
国民の生活が第一

選挙区 比例南関東ブロック
当選回数 1回
在任期間 2009年 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

石田 三示(いしだ みつじ、1952年1月27日 - )は、日本政治家

衆議院議員(1期)、新党きづな副代表などを歴任した。

経歴[編集]

千葉県鴨川市出身。千葉県立長狭高等学校卒業。

家業の農業に従事し、千葉県NPO活動推進委員、長狭中学校PTA会長、鴨川農協理事などを歴任。NPO法人大山千枚田保存会・理事長、農事組合法人鴨川自然王国・代表理事などを務める。

2007年千葉県議会議員選挙に民主党公認で鴨川市選挙区より出馬するも落選。2009年第45回衆議院議員総選挙に民主党公認で出馬し比例南関東ブロック37位で当選。2011年2月17日民主党政権交代に責任を持つ会に入会。

2011年12月28日、野田内閣消費増税路線に反発し、内山晃らとともに離党届を提出[1][2][3][4][5](民主党は2012年2月7日の常任幹事会で離党届を受理せず除籍処分とすることを決定した[6])。2012年1月5日には内山らと共に『新党きづな』を結成し、党副代表に就任した[7]。同年11月、国民の生活が第一に合流。

同年12月に行われた第46回衆議院議員総選挙には出馬せず、そのまま政界を引退[8]日本未来の党への合流を表明し解党した「国民の生活が第一」に最後まで残った唯一の元衆議院議員となった[9]

人物[編集]

鴨川市在住のジャーナリスト・高野孟と交流がある。

脚注[編集]

  1. ^ “野田政権に大打撃 民主、若手9人が離党届を提出”. 産経新聞. (2011年12月28日). オリジナル2011年12月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20111228092620/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111228/stt11122810260001-n1.htm 
  2. ^ “民主党:内山晃衆院議員ら9人が離党届提出”. 毎日新聞. (2011年12月28日). オリジナル2012年1月10日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120110090437/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111228k0000e010147000c.html 
  3. ^ “民主党議員9人 離党届提出”. NHK. (2011年12月28日). オリジナル2011年12月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20111228015722/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111228/t10014957301000.html 
  4. ^ “民主若手が集団離党=内山氏ら9人、消費増税に反発”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2011年12月28日). オリジナル2011年12月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20111228130310/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111228-00000029-jij-pol 
  5. ^ “民主9議員が離党届提出 8人が小沢グループ所属”. 朝日新聞. (2011年12月28日). オリジナル2012年1月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120106101154/http://www.asahi.com/politics/update/1228/TKY201112280142.html 
  6. ^ “離党10人を除籍=民主”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年2月7日). オリジナル2012年2月7日時点によるアーカイブ。. http://b.hatena.ne.jp/entry/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120207-00000091-jij-pol 
  7. ^ 新党きづな:結党届け出 内山代表「野党」を強調 毎日新聞 2012年1月5日閲覧
  8. ^ 石田元議員が引退へ 未来 千葉日報 2012年12月4日付 
  9. ^ 国民の生活が第一が解党 時事通信 2012年12月18日閲覧