相原史乃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
相原 史乃
あいはら しの
生年月日 (1974-02-28) 1974年2月28日(43歳)
出生地 タンザニア連合共和国
出身校 慶應義塾大学総合政策学部
前職 会社役員
所属政党 民主党→)
国民の生活が第一→)
日本未来の党→)
生活の党

選挙区 比例南関東ブロック
当選回数 1回
在任期間 2009年8月 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

相原 史乃(あいはら しの、1974年2月28日 - )は、日本政治家生活の党所属の前衆議院議員(1期)。

来歴・人物[編集]

タンザニア連合共和国で生まれる。父親は外務省勤務。母方の祖母は慶應義塾大学初の女子学生である河津富美子。

2歳半までタンザニア、2歳半から4歳まで香港、4歳から6歳までスリランカ、9歳から11歳までアメリカ合衆国で過ごす。国立お茶の水女子大学附属中学校高等学校卒業。慶應義塾大学総合政策学部卒業。 印刷・不動産会社の経営に携わり、飲食業会社を起業。小沢一郎政治塾第一期生。

2009年(平成21年)8月30日第45回衆議院議員総選挙比例南関東ブロックから民主党公認で出馬する。単独39位で当選。この際には小沢ガールズと呼ばれた。

2011年(平成23年)年2月17日には民主党が選挙で掲げたマニフェストを守ることを目的とした民主党政権交代に責任を持つ会に入会した。2012年(平成24年)に内閣総理大臣野田佳彦消費税増税などを含む社会保障・税一体改革関連法案の提出を表明した際には、法案の内容を批判した[注釈 1]衆議院本会議における社会保障・税一体改革関連法案の採決では、反対票を投じた。

同年7月2日、上記の理由により、同調する議員50人と民主党に離党届を提出[1]。翌3日、社会保障・税一体改革関連法案採決否決及び離党届提出が反党行為に当たるとし、民主党を除籍処分とする方針を決定[2]。最終的に、同月9日に開催された臨時常任理事会で、衆議院で消費税増税法案に反対した小沢を含む、37人の議員の除籍処分が原案通りに確定した[3]

7月11日の「国民の生活が第一結党に参加した[4]11月28日日本未来の党結成に伴い、参加。

同年12月16日第46回衆議院議員総選挙には、千葉5区から出馬するも民主党や民主党離党者への逆風は強く、落選(得票数:14,913票、得票率:6.4%)。供託金没収。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 野田は「消費税の引き上げを現在の衆議院議員の任期終了後となる14年4月を予定しているため、公約違反ではありません」と述べている。j-cast2012年1月27日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]