大塚耕平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大塚 耕平
おおつか こうへい
Kōhei Ōtsuka.jpg
大塚耕平(2009年)
生年月日 (1959-10-05) 1959年10月5日(61歳)
出生地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市
出身校 早稲田大学政治経済学部経済学科卒業
早稲田大学大学院社会科学研究科博士後期課程修了
前職 日本銀行
所属政党民主党→)
民進党→)
旧国民民主党→)
国民民主党
称号 博士(学術)
公式サイト 参議院議員 大塚耕平 公式サイト

選挙区 愛知県選挙区
当選回数 4回
在任期間 2001年7月23日 - 現職
テンプレートを表示

大塚 耕平(おおつか こうへい、1959年10月5日 - )は、日本政治家経済学者国民民主党所属の参議院議員(4期)、国民民主党代表代行、参議院国家基本政策委員長早稲田大学客員教授藤田医科大学客員教授

内閣府副大臣鳩山由紀夫内閣菅直人内閣)、厚生労働副大臣菅直人第2次改造内閣)、参議院参議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員長民主党政策調査会長代理、民主党参議院政審会長、民進党参議院政策審議会長、民進党代表(第4代)、旧国民民主党共同代表、同党代表代行・参議院議員会長等を歴任した。

経歴[編集]

名古屋市生まれ[1](父親は一宮市木曽川町出身[2]、母親は新潟県燕市又新出身[3][4])。名古屋市立田代小学校名古屋市立城山中学校を経て[5][6]愛知県立旭丘高等学校に進学。高校時代はバレーボール部のキャプテンを務めた。卒業後、1年間の浪人を経て早稲田大学政治経済学部経済学科に入学[7]

1983年3月、早稲田大学卒業。同年4月、日本銀行入行。日本銀行では、窓口指導・市場調節・金融機関指導を行っていた旧営業局(その後、金融市場局、金融機構局、決済機構局に改組)に長く在籍した[1]

在職中の2000年に早大大学院社会科学研究科博士課程を修了し博士号を取得した(マクロ経済学公共政策論などを専門としている)。同年11月、知人を通じて、翌年の参議院議員選挙の候補者を探していた民主党愛知県連から勧誘を受ける。決断する前に勧誘を受けたことが新聞に載ってしまい、同年暮れに日本銀行を退職することとなる。大塚が選ばれたことについては、保守新党代表の熊谷弘が後ろで糸を引いていたとも言われている[8]。最後の役職は政策委員会室調査役であった。

2001年7月29日、第19回参議院議員通常選挙愛知県選挙区から民主党公認で出馬し、初当選。2007年、再選[1]

2009年9月16日、鳩山由紀夫内閣にて内閣府副大臣に就任[1]

2011年1月18日、菅直人第2次改造内閣における内閣改造人事で厚生労働副大臣に就任[1]

2013年3月17日、中根康浩衆議院議員が前年の衆院選惨敗の責任をとって、民主党県連代表を辞任。同日、その後任として県連代表に就任[9]。同年7月の参院選で3選。

2016年10月18日、民進党次の内閣財務金融担当大臣に就任。

2017年10月31日、第4代民進党代表に就任[10]

2018年5月7日、国民民主党共同代表に就任[11]。9月4日実施の国民民主党代表選挙には出馬せず共同代表を退任し、同11日付で代表代行に就任[12]

2019年7月21日の参院選で4選。

2020年9月3日、愛知県庁で記者会見し、立憲民主党と国民民主党が解党して設立する合流新党(新「立憲民主党」)に参加しないと表明した[13]。この時点では玉木雄一郎らの「分党」側に加わるかどうかは明言せず、「今後さまざまな話を聞いて対応を決める」と述べるにとどめた[14]。9月7日、新「国民民主党」に加わる国会議員の募集が締め切られ、大塚が同党に入党を届けたことが明らかとなった[15]9月15日に新「国民民主党」の設立大会が開かれ、代表代行に就任した[16]

政策[編集]

社会保障[編集]

  • 2002年から医療政策の中心である診療報酬(保険点数)見直しの情報公開に取り組み、厚労副大臣就任を機に、2012年、「点数改定分布表」の公開を実現。
  • 2003年から医師の技術向上に必要な「献体によるサージカル・トレーニング制度」の整備に注力。野党時代の国会質疑によって厚労省の調査費を予算化。2012年、学会の「実施ガイドライン」策定に至った。
  • 2004年頃から歯科医療政策の向上に注力。2011年、歯科口腔保健推進法の成立に伴い、厚労副大臣として厚労省内に歯科口腔保健室を設置。口腔内健康・歯科衛生の増進、医科歯科及び歯科介護連携の促進、歯学部改革など、今後も取り組みを続ける、としている。

最新の医薬品・医療機器の開発・普及促進のため、野党時代から医薬品医療機器総合機構(PMDA)の改革や薬事法改正を目指し、厚労副大臣として医療イノベーションに注力。

  • 厚労副大臣として介護保険法を改正し、医療・介護・予防・住宅・生活支援の「5点セット」を中学校区単位で適切に提供できる地域社会づくりや24時間介護サービスがスタート。
  • 2004年、年金財政計算のプログラム公開を実現。年金のコンピューターシステムの問題点にも斬り込んだ。以来、年金制度の見直し論争に一貫して関わり、2012年、社会保障・税一体改革調査会副会長として、新年金制度の検討・試算も担当。
  • 米国の中央銀行である連邦準備制度理事会(FRB)の政策目的には「雇用の最大化」が明示されていることを国会で初めて指摘。日銀出身議員として、日本の金融政策も「雇用の最大化」を目標とすることを目指す。
  • 2011年、厚労副大臣として社会保障制度改革の原案づくりを担当。「医療・介護・年金・雇用」の4本柱に「子育て(子ども政策)」を加えて「5本柱」へ[17]

経済[編集]

  • 内閣府副大臣時代に関わった「新成長戦略」をバージョンアップするため、経済財政・社会調査会の事務局長として「日本再生戦略」の取りまとめを担当。グリーン(エネルギー)・ライフ(医療)・6次産業(農林漁業)を最重点分野と位置付け。
  • 公正取引委員会の担当副大臣として、国内産業と日本経済の成長力・競争力強化に資する改革を推進。
  • 内閣府副大臣として、2011年、総合特区制度を起案。その後も、特区・地域活性化・規制改革小委員会の委員長として一貫して主導。全国7か所の国際戦略総合特区は2012年にスタート。そのうちのひとつが愛知・岐阜の航空宇宙産業クラスター形成特区。
  • 金融担当副大臣として、2010年、総合取引所制度を起案。法律は2012年に成立。証券・商品・金融の3つを総合的に扱う取引所を創設し、香港・シンガポール・上海と競いつつ、アジアの金融センターとしての役割を担う。
  • 金融担当副大臣として、2010年、中小企業等金融円滑化法を策定、立法。リーマン・ショックの影響に苦しむ多くの中小企業が利用したほか、東日本大震災後は法律の有効期間を延長し、被災企業も活用した。法律失効後の対応(出口戦略)が次の課題だ、としている。
  • 郵政改革担当副大臣として、2010年、郵政改革法案を策定。この法案の内容と郵政民営化法をベースに与野党の協議が行われ、2012年、郵政民営化法の改正が実現。日本郵政グループの新たな取り組みがスタート。
  • 内閣府副大臣として、中心市街地への回帰・集積を目指す方向に都市再生基本方針を改定。規制改革への取り組みも進め、3年間で504項目の規制改革を閣議決定[18]
  • 2016年の財政金融委員会では、円安によりドルベースでは日本の国富が失われていると指摘し、円安のデメリットを指摘[19]
  • 為替水準は95円-105円が適正とする[20]

その他[編集]

主な活動[編集]

人物[編集]

  • 曽根泰教慶應義塾大学大学院教授、田中宏樹同志社大学教授、上村敏之関西学院大学准教授、川﨑一泰東海大学准教授、中里透上智大学准教授等と「政策創見ネット21」という政策提言グループを主宰している[36]。同グループは「小泉改革とは何だったのか」(日本評論社)、「検証格差拡大社会」(日本経済新聞出版社)を出版しており、各1章を大塚が分筆している。
  • 財政学会、地方財政学会、公共選択学会、公共政策学会に所属[1]
  • 民主党内では元祖中間派と位置づけられており、民主党事務局長を務めた政治評論家伊藤惇夫の著書「民主党」(新潮社)では「放し飼いグループ」に分類されている。
  • 日銀時代には従業員組合の副執行委員長を務めた。
  • 地元の覚王山での政治活動をきっかけに日泰寺の歴史に関心を抱き、以後趣味で仏教を研究している。また、2007年頃から仕事の合間に県内各地の写し霊場となっている寺を回っている[37]
  • スキューバダイビングのインストラクター資格を持つ[1]
  • 2003年5月、民主党代表菅直人沖縄石垣島へダイビングに行き、その際に菅が自由党党首の小沢一郎民由合併に関して電話したことが著書『ジャパン・ライジング』の中で述べられている。
  • 家族は、夫人と一男一女[1]
  • 父親は学徒動員海軍将校として太平洋戦争に従軍し、シンガポール入港直前の駆逐艦の艦上で終戦を迎えた[38]

著書[編集]

  • 『ジャパン・ミッシング - 消えた日本、再生のカギを考える』オープンナレッジ社、2008年。
  • 『弘法さんかわら版 - 弘法大師の生涯と覚王山』大法輪閣、2008年。
  • 『3.11大震災と厚労省 - 放射性物質の影響と暫定規制』丸善、2012年。
  • 『「弘法さん かわら版」講座 仏教通史』大法輪閣、2015年。
  • 『お遍路さん必携 四国霊場と般若心経』大法輪閣、2017年9月15日。ISBN 978-4804613994
  • 『「賢い愚か者」の未来 政治、経済、歴史、科学、そして人間――「深層」へのアプローチ』早稲田大学出版部 、2018年2月。ISBN 978-4657180018
  • 『愛知四国霊場の旅』中日新聞社、2020年9月4日。ISBN 978-4806207689

共編著[編集]

  • マシュー・アダム・ポジィ・大塚耕平編著『ジャパン・ライジング = JAPAN RISING - G20時代の戦略的思考 : 日米対談』丸善プラネット、2011年。

博士論文[編集]

  • 『公共政策としてのマクロ経済政策 - 財政赤字の発生と制御のメカニズムに関する考察』(博士(学術)、甲種、早稲田大学、2000年→成文堂、2004年)

論文・記事[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 公式プロフィール
  2. ^ 1月26日、木曽川町の正子さん、初子さん、和子さん、知子さん。
  3. ^ 活動報告(2003年4月30日)
  4. ^ 12月25日(回顧録)、新潟弥彦神社。
  5. ^ 生い立ち 小学校 | 参議院議員 大塚耕平 公式サイト
  6. ^ 生い立ち 中学校 | 参議院議員 大塚耕平 公式サイト
  7. ^ 生い立ち 高校・浪人 | 参議院議員 大塚耕平 公式サイト
  8. ^ 第31回目のゲストは民主党 参議院議員 大塚耕平”. みわちゃんねる突撃永田町!! (2014年10月2日). 2019年7月3日閲覧。
  9. ^ 『中日新聞』2013年3月18日付朝刊、32面、「民主 藤沢氏を県連支持 名古屋市長選 連合は自主投票へ」
  10. ^ “両院議員総会で大塚耕平新代表を選出” (プレスリリース), 民進党, (2017年10月31日), https://www.minshin.or.jp/article/112743/%E4%B8%A1%E9%99%A2%E8%AD%B0%E5%93%A1%E7%B7%8F%E4%BC%9A%E3%81%A7%E5%A4%A7%E5%A1%9A%E8%80%95%E5%B9%B3%E6%96%B0%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E3%82%92%E9%81%B8%E5%87%BA%E3%80%80 2017年10月31日閲覧。 
  11. ^ “新党 国民民主党62人参加 「野党第1党」に届かず”. 産経新聞. (2018年5月7日). https://mainichi.jp/articles/20180508/k00/00m/010/059000c 2018年5月13日閲覧。 
  12. ^ “【国民民主党役員人事】幹事長に平野博文氏 津村啓介氏は副代表に 党役員人事案を了承”. 産経新聞. (2018年9月11日). https://www.sankei.com/politics/news/180911/plt1809110019-n1.html 2018年9月14日閲覧。 
  13. ^ “国民、無所属の国会議員5人が合流新党に参加へ”. 中日新聞. (2020年9月4日). https://www.chunichi.co.jp/article/114972 2020年9月4日閲覧。 
  14. ^ “大塚氏は合流新党不参加 「連合系議員と行動」”. 産経新聞. (2020年9月3日). https://www.sankei.com/politics/news/200903/plt2009030026-n1.html 2020年9月4日閲覧。 
  15. ^ “玉木氏ら新国民民主は14人 大塚氏参加、連合系割れる”. 中日新聞. (2020年9月8日). https://www.chunichi.co.jp/article/117311/ 2020年9月8日閲覧。 
  16. ^ “新国民民主党は15人で設立大会 榛葉幹事長、舟山政調会長”. 沖縄タイムス. (2020年9月15日). https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/632872 2020年9月20日閲覧。 
  17. ^ 大塚耕平の政策
  18. ^ 大塚耕平の政策
  19. ^ 第190回国会 財政金融委員会 第6号
  20. ^ 民主・大塚氏:今の為替水準は安過ぎる-95円-105円が適正
  21. ^ 民主党ニュース、2015年6月12日
  22. ^ 朝日・東大谷口研究室共同調査”. 朝日新聞 (2019年). 2019年7月8日閲覧。
  23. ^ 日本の針路 大塚耕平のスピークアウト、2015年2月12日
  24. ^ 月刊『Voice』2003年9月号[要ページ番号]
  25. ^ 公式ブログ
  26. ^ 民主党ニュース、2012年11月1日
  27. ^ a b c d e f g 政策実現ログ、公式ホームページ
  28. ^ 大西良雄ニュース、2010年2月24日
  29. ^ 朝日新聞、2010年、2月6日
  30. ^ 大塚耕平「3.11大災害と厚労省 放射性物質の影響と暫定規制」
  31. ^ 「歳入庁巡りWTで討論 座長に大塚氏 」、日本経済新聞、2012年2月21日
  32. ^ 民主・大塚氏:日銀審議委員人事に事前審査を-インタビュー、2012年5月9日
  33. ^ 『中日新聞』2013年3月18日付朝刊、32面、「民主 藤沢氏を県連支持 名古屋市長選 連合は自主投票へ」。
  34. ^ 「金融危機を政争の具にすべきではない」、2015年6月15日
  35. ^ 民主代表選候補の推薦人名簿 Archived 2015年1月7日, at Archive.is 時事ドットコム 2015年1月7日 2015年1月8日閲覧。
  36. ^ 公式ホームページ
  37. ^ 中崎裕「愛知の霊場を紹介 大塚耕平さん 巡礼地取材し出版」 『中日新聞』2020年9月18日付朝刊、県内版、17面。
  38. ^ 8月15日、67回目の終戦記念日とヤモリ。[リンク切れ]

外部リンク[編集]

公職
先代:
細川律夫
長浜博行
日本の旗 厚生労働副大臣
小宮山洋子と共同

2011年
次代:
牧義夫
辻泰弘
先代:
増原義剛
宮澤洋一
谷本龍哉
日本の旗 内閣府副大臣
大島敦
古川元久
→大島敦
平岡秀夫と共同

2009年 - 2010年
次代:
東祥三
末松義規
平野達男
議会
先代:
古川俊治
日本の旗 参議院国家基本政策委員長
2020年 -
次代:
現職
先代:
白眞勲
日本の旗 参議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員長
2011年 - 2012年
次代:
徳永久志
党職
先代:
(結党)
国民民主党代表代行
前原誠司と共同

2020年 ー
次代:
(現職)
先代:
原口一博
旧国民民主党代表代行
古川元久と共同

第2代:2018年 ー 2020年
次代:
(解党)
先代:
(結党)
旧国民民主党共同代表
玉木雄一郎と共同

初代:2018年
次代:
玉木雄一郎
先代:
(結党)
旧国民民主党参議院会長
初代:2018年 - 2020年
次代:
(解党)
先代:
前原誠司
民進党代表
第4代:2017年 - 2018年
次代:
旧国民民主党へ合流