曽根泰教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

曽根 泰教(そね やすのり、1948年1月11日 - )は、日本政治学者慶應義塾大学大学大学院政策・メディア研究科教授。専門は政治学政策分析論。

経歴[編集]

神奈川県生まれ。神奈川県立厚木高等学校慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、同大学大学院法学研究科修士課程及び同博士課程修了。

慶應義塾大学法学部教授、同大総合政策学部教授を経て、同大学大学院政策・メディア研究科教授。この間、イェール大学政治学部客員研究員、オーストラリア国立大学客員研究員、エセックス大学政治学部客員教授、ハーバード大学国際問題研究所客員研究員を歴任。 新しい日本をつくる国民会議主査。慶應義塾大学DP研究センター長。「エネルギー・環境の選択肢に関する討論型世論調査」実行委員会委員長。公益財団法人日本国際フォーラム政策委員[1]

最近では、ジェイムズ・フィシュキンらとともに討論型世論調査を提唱している。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『決定の政治経済学――その理論と実際』(有斐閣, 1984年)
  • 『現代の政治理論』(放送大学教育振興会, 1989年)
  • 『日本ガバナンス――「改革」と「先送り」の政治と経済』 (東信堂, 2008年)

共著[編集]

共編著[編集]

  • 富田信男)『世界政治のなかの日本政治――多極化時代の戦略と戦術』(有斐閣, 1983年)
  • 白鳥令)『現代世界の民主主義理論』(新評論, 1984年)
  • Political Dynamics in Contemporary Japan, co-edited with Gary D. Allinson, (Cornell University Press, 1993).
  • 内田健三早野透)『大政変・同時進行分析――細川・羽田「リレー政権」の航跡』(東洋経済新報社, 1994年)
  • 崔章集)『変動期の日韓政治比較』(慶應義塾大学出版会, 2004年)
  • 大山耕輔)『日本の民主主義――変わる政治・変わる政治学』(慶應義塾大学出版会, 2008年)

監修[編集]

  • (James S. Fishkin)『人々の声が響き合うとき:熟議空間と民主主義』(早川書房, 2011年)

脚注[編集]

  1. ^ 委員”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。

外部リンク[編集]