鴨武彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鴨 武彦(かも たけひこ、1942年4月3日 - 1996年12月17日)は、日本政治学者国際政治学者。元東京大学法学部教授、元早稲田大学政治経済学部教授。専門は、国際政治、安全保障、国際統合論。父は元一橋大学法学部教授の鴨良弼(刑事訴訟法)。

人物概説[編集]

東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部および同大学院政治学研究科、イェール大学大学院で学んだ後、早稲田大学政治経済学部教授に就任。藤原保信と共に、政治学科を代表する存在であった。坂本義和の後任として1989年に東京大学法学部に赴任。当時の法学部教官は卒業生が殆どであり、他大学、それも私学出身の鴨の招聘はマスコミで話題となった。

1991年、『国際安全保障の構想』で第12回石橋湛山賞を受賞。1994年から1996年まで日本国際政治学会理事長。

高橋進山口二郎斎藤精一郎とともに、村山富市のブレーンとしても知られた。

門下生に田中孝彦早稲田大学教授)、柳沢秀夫(NHK解説委員)、長有紀枝難民を助ける会元代表)、中村英俊早稲田大学准教授)、大門毅早稲田大学教授)等。

外交におけるハト派タカ派の対比にならってそのどちらでもない「鴨派」という冗談が鴨の周辺では流行した[要出典]

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編著[編集]

  • 『講座世紀間の世界政治(全6巻)』(日本評論社, 1993-1994年)
    • 1巻「旧超大国の国際関係」
    • 2巻「ヨーロッパの国際秩序――主権国家システムの変容」
    • 3巻「アジアの国際秩序――脱冷戦の影響」
    • 4巻「国際地域における秩序変動――比較のダイナミズム」
    • 5巻「パワー・ポリティクスの変容――リアリズムとの葛藤」
    • 6巻「日本の国際化――新しい世界秩序への模索」

共編著[編集]

  • 山本吉宣)『相互依存の国際政治学』(有信堂高文社, 1979年)
  • (山本吉宣)『相互依存の理論と現実』(有信堂高文社, 1988年)
  • 伊藤元重石黒一憲)『リーディングス国際政治経済システム(全4巻)』(有斐閣, 1997-1999年)
    • 1巻「法・政治・民族」
    • 2巻「主権国家を超えて」
    • 3巻「経済活動」
    • 4巻「新しい世界システム」

訳書[編集]

  • ブルース・ラセット『安全保障のジレンマ――核抑止・軍拡競争・軍備管理をめぐって』(有斐閣, 1984年)
  • W・ウォーレス『西ヨーロッパの変容』(岩波書店, 1993年)
  • ブルース・ラセット『パクス・デモクラティア――冷戦後世界への原理』(東京大学出版会, 1996年)