佐藤英夫 (政治学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 英夫(さとう ひでお、1942年 - 2001年5月1日)は、日本の政治学者。元筑波大学社会工学系教授。専門は、国際関係論、対外政策論、日米関係。

群馬県生まれ。国際基督教大学卒業。シカゴ大学で学び、1976年博士号取得(政治学)。ブルッキングス研究所研究員、イェール大学政治学部助教授、準教授を経て、1982年から筑波大学社会工学系教授。同大学国際関係学類第三代学類長などを歴任。日本国際政治学会理事長、国際連合大学学長上級顧問を歴任。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • The Textile Wrangle: Conflict in Japanese-American Relations, 1969-1971, with I. M. Destler and Haruhiro Fukui, (Cornell University Press, 1979).(福井治弘訳『日米繊維紛争――"密約"はあったのか』日本経済新聞社, 1980年)
  • U.S. policy toward Japan and Korea: a changing influence relationship, with Chae-Jin Lee, (Praeger, 1982).

編著[編集]

  • 『国際関係入門』(東京大学出版会, 1990年)
  • Containing Conflict: Cases in Preventive Diplomacy, (Japan Center for International Exchange, 2003).

共編著[編集]

  • Coping with U.S.-Japanese Economic Conflicts, co-edited with I. M. Destler, (Lexington Books, 1982).
丸茂明則監訳『日米経済紛争の解明――鉄鋼・自動車・農産物・高度技術』(日本経済新聞社, 1982年)
  • Managing US-Japanese trade disputes : are there better ways?, co-edited with Wendy Dobson(Centre for Trade Policy and Law, 1996).

訳書[編集]

  • ジェームズ・ボバード『アメリカ貿易は公正か――知られざる保護主義の全貌』(日本経済新聞社, 1992年)
  • フレッド・バーグステン, M・ノーランド『日米衝突は回避できるか』(ダイヤモンド社, 1994年)