木戸蓊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木戸 蓊(きど しげる、1932年5月5日 - 2000年6月10日)は、日本政治学者神戸大学名誉教授。第11代日本国際政治学会理事長。専門は、国際関係論バルカン地域の政治。

来歴[編集]

名古屋市生まれ。1955年に京都大学法学部卒業、1957年名古屋大学大学院法学研究科修士課程修了。国際政治史専攻。1957年名古屋大学法学部助手。1958年日本国際問題研究所研究員ユーゴスラヴィア国際政治経済研究所客員研究員を経て、1968年神戸大学法学部助教授、1970年同教授。1988-90年神戸大学法学部長、1992-94年日本国際政治学会理事長。1996年神戸大学定年退官、神戸学院大学法学部教授。2000年逝去、叙正四位、叙勲三等旭日中綬章

著書[編集]

単著[編集]

  • 『バルカン現代史』(山川出版社、1977年)
  • 『東欧の政治と国際関係』(有斐閣, 1982年)
  • 『社会主義に未来はあるか――苦悩するソ連・東欧諸国』(三嶺書房、1985年)
  • 『激動の東欧史――戦後政権崩壊の背景』(中央公論社[中公新書]、1990年)

共著[編集]

編著[編集]

共編著[編集]

外部リンク[編集]