松本三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松本三郎
生誕 (1931-10-04) 1931年10月4日
大日本帝国の旗 台湾台北州
死没 (2009-03-05) 2009年3月5日(77歳没)
日本の旗 日本東京都文京区[1]
心不全
研究分野 国際政治学
防衛学
研究機関 防衛大学校
出身校 東京大学教養学部教養学科国際関係論科(学士
慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻(修士博士
主な受賞歴 勲二等瑞宝章2002年
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

松本 三郎(まつもと さぶろう、1931年10月4日 - 2009年3月5日[1])は、日本国際政治学者慶應義塾大学名誉教授法学博士。専門は、中国外交アジア国際政治学東南アジア学

経歴[編集]

大日本帝国台北州生まれ。広東東京で幼年期を過ごした後、戦時中、愛媛県に疎開。

学歴[編集]

研究歴[編集]

アジア政経学会理事長(1985年-1987年)、日本国際政治学会理事長(1990年-1992年)、日本安全保障・危機管理学会会長(2006年-2009年)などを歴任した。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『中国外交と東南アジア』(慶應義塾大学法学研究会, 1971年)

共編著[編集]

  • 福永安祥)『東南アジアの展望』(勁草書房, 1980年/新版, 1986年)
  • 大畠英樹中原喜一郎)『テキストブック国際政治』(有斐閣, 1981年/新版, 1990年)
  • 川本邦衛)『東南アジアにおける中国のイメージと影響力』(大修館書店, 1991年)
  • (川本邦衛)『ベトナムと北朝鮮――岐路に立つ二つの国』(大修館書店, 1995年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]