西川京子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
西川 京子
にしかわ きょうこ
生年月日 (1945-10-02) 1945年10月2日(71歳)
出生地 日本の旗 東京都青梅市
出身校 早稲田大学教育学部卒業
前職 衆議院議員
現職 九州国際大学学長
所属政党 自由民主党麻生派
称号 教育学士(早稲田大学)
旭日重光章2017年
配偶者 西川裕(熊本県葦北郡津奈木町長)
公式サイト 西川京子公式ウェブサイト

選挙区 比例九州ブロック→)
福岡10区→)
比例九州ブロック
当選回数 4回
在任期間 2000年7月 - 2009年7月
2012年12月21日[1] - 2014年11月21日
テンプレートを表示

西川 京子(にしかわ きょうこ、1945年10月2日 - )は、日本の引退した政治家自由民主党所属の元衆議院議員(4期)。

厚生労働大臣政務官第3次小泉内閣第3次小泉改造内閣)、厚生労働副大臣第1次安倍改造内閣福田康夫内閣)、文部科学副大臣第2次安倍内閣)を務めた。2016年10月1日より九州国際大学学長に就任。

夫は熊本県葦北郡津奈木町長の西川裕。

略歴[編集]

東京都青梅市生まれ。都立武蔵高校を経て1968年早稲田大学教育学部卒業。1969年、銀行員だった西川裕と結婚し熊本へ移る。1996年自由民主党熊本県連女性部長に就任[要出典]

2000年第42回衆議院議員総選挙に自民党の比例九州ブロックより立候補し初当選。2003年第43回衆議院議員総選挙も引き続き比例九州ブロック単独上位で処遇され[要出典]、再選。

2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙では郵政民営化法案に反対票を投じた自見庄三郎元郵政大臣の対立候補として熊本から福岡に地盤を変え、自民党公認で福岡10区から立候補し3選。この選挙では当初、形勢不利の状況にあり[2]、自民党福岡県連の幹部からは「ミカン箱に乗って1人で頑張って下さい」と言われた[2]。西川はミカン箱に乗って各地で演説を行い[2][3]、「ミカン箱オバサン」と呼ばれるようになった[3]。当選後、支援組織名は「みかん箱の会」とした。

2008年11月18日国籍法改正案を議題とした本会議では、法務委員会での審議が不十分として赤池誠章牧原秀樹らと共に採決前に退席した[4]。同年8月30日投票の第46回衆議院議員総選挙公明党の推薦も受け再び福岡10区から立候補したが、選挙区、比例ブロックいずれでも落選。

その後復活を目指し地元で活動を続けていたが、2012年4月6日、自民党衆議院福岡10区支部長に山本幸三が決定。西川はこれに反発し、第46回衆議院議員総選挙無所属となっても立候補する意向を示していたが、麻生、安倍晋三らに説得され、比例九州ブロック単独候補として立候補を表明[5]。選挙では山本以外の選挙区候補者33名が名簿1位扱いで重複立候補していたため、それら候補者に次ぐ34位の低位に置かれたにもかかわらず、自民大勝により九州地区の選挙区で敗れた候補者が2名しかいなかったため、党3人目の順位で4選、国政に復帰した[6]。派閥は初当選以来志帥会(江藤・亀井派 - 伊吹派)に所属していたが、国政に復帰した後は為公会(麻生派)に所属[要出典]

2014年の第47回衆議院議員総選挙では比例九州ブロック単独での立候補を表明。比例順位32位であったこともあり、落選。同年12月15日、国政からの引退を表明した[7][8]

2016年9月21日、学校法人九州国際大学は10月1日付にて西川の学長就任人事を発表をした。[9]

2017年4月29日付の春の叙勲で、旭日重光章を受章[10]

政策[編集]

不祥事[編集]

  • 2009年2月16日、西川の私設秘書を務める長男が酒気帯び運転で福岡県警に摘発された[18]。西川は「言語道断の行為で申し訳ないの一言に尽きる。本人の処遇についても厳正に対処したい」と釈明した[19]

政治資金[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

出演番組[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成24年(2012年)12月21日中央選挙管理会告示第37号(平成二十四年十二月十六日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)
  2. ^ a b c “政治の現場 (21)「地域の情」か「政権与党」か”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2005年9月9日). http://www.yomiuri.co.jp/election2005/feature/0003/fe_003_050909_01.htm 2015年9月7日閲覧。 
  3. ^ a b “ミカン箱オバサン・西川京子氏がHPで党批判~衆院選福岡10区 | 東京レポート”. NETIBニュース (データ・マックス). (2012年4月11日). http://www.data-max.co.jp/2012/04/11/hp10_dm1718_1.html 2015年9月7日閲覧。 
  4. ^ 国籍法改正案が衆院で可決、自民一部議員が議員懇談会においては、麻生太郎を支持。
  5. ^ “衆院選福岡10区 自民一本化 "ミカン箱"西川氏は比例単独”. NETIBニュース (データ・マックス). (2012年12月4日). http://www.data-max.co.jp/2012/12/04/post_16449_ymh_1.html 2015年9月9日閲覧。 
  6. ^ 調整に際し、山本に対しては小選挙区単独立候補とし、比例区への重複立候補を断念するよう命じられた。なお山本は小選挙区で当選している。
  7. ^ “落選の西川氏「けじめつける」 自民比例単独”. 西日本新聞. (2014年12月15日). http://www.nishinippon.co.jp/feature/representatives_election_2014_fukuoka/article/133521 2015年9月9日閲覧。 
  8. ^ “2014衆院選ふくおか:落選・西川さん、国政引退へ 「けじめつける」 /福岡”. 毎日jp (毎日新聞社). (2014年12月16日). http://senkyo.mainichi.jp/news/20141216ddlk40010320000c.html 2015年9月9日閲覧。 
  9. ^ 毎日新聞 九州国際大新学長に西川京子氏就任
  10. ^ 読売新聞 2017年4月29日 13面
  11. ^ 2004年3月2日衆議院予算委員会議事録
  12. ^ AERA 2005年10月3日号
  13. ^ a b c 週刊金曜日 2013年10月4日
  14. ^ “別姓法案で賛同者集め 議員立法で自民推進派”. 共同通信社. 47NEWS. (2002年6月30日). http://www.47news.jp/CN/200206/CN2002063001000133.html 2013年10月30日閲覧。 
  15. ^ “婚外子規定「拙速手続き」に反対 自民保守派”. 共同通信社. 47NEWS. (2013年10月24日). http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013102401001984.html 2013年10月30日閲覧。 
  16. ^ 『「婚外子平等化に反対、自民勉強会に23議員』朝日新聞2013年10月25日
  17. ^ 「婚外子相続差別は違憲 最高裁大法廷」日本経済新聞 2013年9月4日
  18. ^ 毎日新聞 2009年2月19日
  19. ^ 西日本新聞 2009年2月19日
  20. ^ しんぶん赤旗 2005年8月19日
  21. ^ 「自民が『つくる会』シンポ 文科政務官も参加予定 侵略美化の教科書後押し」しんぶん赤旗 2005年5月14日

外部リンク[編集]


議会
先代:
小渕優子
日本の旗 衆議院文部科学委員長
2014年
次代:
福井照
公職
先代:
谷川弥一
福井照
日本の旗 文部科学副大臣
桜田義孝と共同
2013年 - 2014年
次代:
丹羽秀樹
藤井基之
先代:
石田祝稔
武見敬三
日本の旗 厚生労働副大臣
岸宏一と共同
2007年 - 2008年
次代:
鴨下一郎
渡辺孝男
先代:
藤井基之
日本の旗 厚生労働大臣政務官
藤井基之と共同
岡田広と共同

2005年 - 2006年
次代:
菅原一秀
松野博一