薬師寺道代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
薬師寺 道代
やくしじ みちよ
生年月日 (1964-05-03) 1964年5月3日(53歳)
出生地 日本の旗 福岡県久留米市
出身校 東京女子医科大学医学部卒業
九州大学大学院修了(専門職大学院
前職 医師
愛知みずほ大学大学院特任教授
所属政党 みんなの党→)
無所属無所属クラブ
称号 博士(医学)
医療経営・管理学修士
公式サイト 薬師寺道代(やくしじみちよ)WebSite

選挙区 愛知県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2013年7月29日 - 現職
テンプレートを表示

薬師寺 道代(やくしじ みちよ、1964年5月3日 - )は、日本政治家医学者医師参議院議員(1期)。元みんなの党総務委員長。本名は齋藤 道代[1](さいとう みちよ)。

人物[編集]

福岡県久留米市出身[2]。父親は、医師で久留米大学の学長を務めた薬師寺道明[3]福岡教育大学附属久留米小学校福岡教育大学附属久留米中学校福岡県立修猷館高等学校を経て、1989年東京女子医科大学医学部を卒業。同年に医師免許を取得。1996年博士(医学)を取得した[4]。また、九州大学専門職大学院にて医療経営・管理学を専攻、2005年に修了し、医療経営・管理学修士号取得した[4]

2003年愛知みずほ大学大学院の特任教授に就任。また、内閣官房構造改革特別区域推進本部において評議員を2003年から2010年まで務めた。

2005年、九州大学大学院医学系学府医療経営・管理学専攻(専門職大学院)卒業し医療経営・管理学修士号を取得。同年、NPO法人からだとこころの発見塾理事に就任[4]

2010年第22回参議院議員通常選挙愛知県選挙区からみんなの党公認で出馬するも、次点の4位で落選。

2011年愛知県知事選挙にみんなの党公認で出馬するも、4位で落選。

2013年第23回参議院議員通常選挙に愛知県選挙区からみんなの党公認で出馬し、3位で初当選した[5]

2014年11月28日みんなの党が解党。同年12月18日、水野賢一らが設立した院内会派無所属クラブに参加した。2016年、無所属クラブの会派代表に就任。

2017年11月1日に行われた首班指名選挙では安倍晋三に票を投じた[6]

政策・主張[編集]

  • 憲法9条の改正と集団的自衛権の行使に賛成。
  • 村山談話河野談話を見直すべきとしている。
  • 原発は当面必要だが、将来は廃止すべきとしている。
  • TPP交渉に参加すべきとしている。
  • 労働市場の規制緩和を進め、企業側が金銭を払えば解雇しやすくすることに賛成[7]
  • 選択的夫婦別姓制度導入に賛成[8]。2015年の超党派野党による民法改正案の参議院提出に加わった[8]
  • 2013年8月15日靖国神社に参拝している[9]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]