吉田泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
吉田 泉
よしだ いずみ
生年月日 (1949-02-26) 1949年2月26日(68歳)
出生地 日本の旗 福島県いわき市
出身校 東京大学経済学部
前職 石川島播磨重工業従業員
所属政党 民主党→)
民進党
称号 経済学士
公式サイト 吉田泉公式ホームページ

選挙区 比例東北ブロック→)
福島5区→)
比例東北ブロック
当選回数 4回
在任期間 2003年11月9日 - 2014年11月21日

Flag of Iwaki, Fukushima.svg いわき市議会議員
当選回数 1回
在任期間 1996年 - 2000年
テンプレートを表示

吉田 泉(よしだ いずみ、男性1949年昭和24年)2月26日 ‐ )は、日本政治家民進党所属の元衆議院議員(4期)。

財務大臣政務官菅第1次改造内閣菅第2次改造内閣野田内閣野田第1次改造内閣)・復興大臣政務官野田第1次改造内閣[1])、復興副大臣内閣府副大臣野田第2次改造内閣)、いわき市議会議員(1期)などを歴任した。

来歴[編集]

福島県いわき市生まれ。福島県立磐城高等学校東京大学経済学部卒業。大学卒業後、石川島播磨重工業勤務を経て、福島県へ帰郷し、生家のお茶屋を継いだ。1996年いわき市議会議員選挙に出馬し、トップ当選。2000年、市議を任期途中で辞職し、第42回衆議院議員総選挙福島5区から民主党公認で出馬したが、自由民主党吉野正芳に敗れ、落選。

2003年第43回衆議院議員総選挙では、福島5区で自民党の坂本剛二に敗れたが、重複立候補していた比例東北ブロックで復活し、初当選。2005年第44回衆議院議員総選挙では福島5区で自民党の吉野(コスタリカ方式により坂本、吉野が交互に出馬)に敗れたが、比例復活により再選。2009年第45回衆議院議員総選挙では福島5区で坂本を破り、初めて小選挙区で当選した。

2010年9月、菅第1次改造内閣財務大臣政務官に任命され、菅第2次改造内閣でも留任。2011年6月27日東日本大震災復興対策本部福島現地対策本部長に就任。同年9月、野田内閣で財務大臣政務官に再任され、野田第1次改造内閣まで務める。2012年2月10日復興庁の設置に伴い初代復興大臣政務官(福島復興局及び茨城事務所担当)に任命された(財務大臣政務官も兼務)。野田第2次改造内閣では復興副大臣及び内閣府副大臣に任命された。

2012年第46回衆議院議員総選挙では、福島5区で自民党元職の坂本剛二に敗れたが、重複立候補していた比例東北ブロックで復活し、4選。

2014年第47回衆議院議員総選挙で、福島5区で自民党前職の吉野正芳に敗れ、今度は比例復活もできずに落選した。

政策・主張[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
石田勝之後藤斎中塚一宏末松義規松下忠洋
日本の旗 内閣府副大臣
石田勝之後藤斎中塚一宏末松義規と共同

2012年
次代:
白眞勲藤本祐司前川清成今野東園田康博大島敦
先代:
中塚一宏末松義規松下忠洋
日本の旗 復興副大臣
中塚一宏末松義規と共同

2012年
次代:
黄川田徹今野東前川清成
先代:
(創設)
日本の旗 復興大臣政務官
2012年
次代:
若泉征三
先代:
大串博志古本伸一郎
日本の旗 財務大臣政務官
尾立源幸と共同
三谷光男と共同

2011年 - 2012年
次代:
三谷光男若泉征三