吉田泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
吉田 泉
よしだ いずみ
Yoshida Izumi.jpg
生年月日 (1949-02-26) 1949年2月26日(73歳)
出生地 日本の旗 日本 福島県いわき市
出身校 東京大学経済学部
前職 石川島播磨重工業従業員
所属政党民主党鳩山G)→)
民進党→)
希望の党→)
立憲民主党
称号 旭日重光章
経済学士

選挙区比例東北ブロック→)
福島5区→)
比例東北ブロック
当選回数 5回
在任期間 2003年11月9日 - 2014年11月21日
2017年7月25日 - 2017年9月28日

当選回数 1回
在任期間 1996年 - 2000年
テンプレートを表示

吉田 泉(よしだ いずみ、1949年昭和24年)2月26日 ‐ )は、日本の元政治家

衆議院議員(5期)、財務大臣政務官菅第1次改造内閣菅第2次改造内閣野田内閣野田第1次改造内閣)・復興大臣政務官(野田第1次改造内閣[1])、復興副大臣内閣府副大臣野田第2次改造内閣)、いわき市議会議員(1期)などを歴任した。

来歴[編集]

福島県いわき市生まれ。福島県立磐城高等学校東京大学経済学部卒業。大学卒業後、石川島播磨重工業勤務を経て、福島県へ帰郷し、生家のお茶屋を継いだ。1996年いわき市議会議員選挙に立候補し、トップ当選。2000年、市議を任期途中で辞職し、第42回衆議院議員総選挙福島5区から民主党公認で立候補したが、自由民主党吉野正芳に敗れ、落選。

2003年第43回衆議院議員総選挙では、福島5区で自民党の坂本剛二に敗れたが、重複立候補していた比例東北ブロックで復活し、初当選。2005年第44回衆議院議員総選挙では福島5区で自民党の吉野(コスタリカ方式により坂本、吉野が交互に小選挙区と比例代表を入れ替え)に敗れたが、比例復活により再選。2009年第45回衆議院議員総選挙では福島5区で坂本を破り、初めて小選挙区で当選した。

2010年9月、菅第1次改造内閣財務大臣政務官に任命され、菅第2次改造内閣でも留任。

2011年6月27日東日本大震災復興対策本部福島現地対策本部長に就任。同年8月26日、菅直人首相が民主党代表辞任を正式に表明[2]。菅の辞任に伴う代表選挙(8月29日投開票)では、野田佳彦に投票した[3]。同年9月、野田内閣で財務大臣政務官に再任され、野田第1次改造内閣まで務めた。

2012年2月10日復興庁の設置に伴い初代復興大臣政務官(福島復興局及び茨城事務所担当)に任命された(財務大臣政務官も兼務)。野田第2次改造内閣では復興副大臣及び内閣府副大臣に任命された。

同年12月の第46回衆議院議員総選挙では、福島5区で自民党元職の坂本に敗れたが、重複立候補していた比例東北ブロックで復活し、4選。

2014年第47回衆議院議員総選挙で、福島5区で自民党前職の吉野に敗れ、今度は比例復活もできずに落選[4]。次期衆院選に立候補せず政界から引退する意向を示した[5]

2017年7月21日郡和子仙台市長選挙立候補に伴う退職(自動失職)により、次点だった吉田の繰り上げ当選が決定[6][7]。25日当選証書が付与された。

同年9月、表明していた政界引退を撤回し、次期衆院選の福島5区に希望の党公認で立候補する意向を示した[8]。投開票の結果、落選。落選後の11月11日に国政から身を引く意向を示した[9]

2019年5月21日発令の春の叙勲で、旭日重光章を受章[10]2020年立憲民主党福島県連顧問に就任[11]

政策・主張[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 復興庁発足時の補職辞令により任命。
  2. ^ “菅直人首相が退陣を正式表明、民主代表選が事実上スタート”. ロイター. (2011年8月26日). https://www.reuters.com/article/idJPJAPAN-22883120110826 2021年11月27日閲覧。 
  3. ^ 『朝日新聞』2011年8月30日付朝刊、福島全県、29面、「震災復興への姿勢、注視 民主代表に野田氏、県内の反応 /福島県」。
  4. ^ 福島 - 開票速報 - 2014衆院選:朝日新聞デジタル
  5. ^ 民進党 吉田泉氏が引退の意向 /福島”. 毎日新聞 (2016年4月4日). 2017年7月10日閲覧。
  6. ^ 平成26年12月14日執行の衆議院比例代表選出選挙東北選挙区における欠員による繰上補充の選挙会において決定された事項 総務省自治行政局 2017年7月21日
  7. ^ 民進・吉田氏が繰り上げ当選=衆院”. 時事通信 (2017年7月21日). 2017年7月21日閲覧。
  8. ^ <衆院選福島>民進・吉田氏が「引退」を撤回 5区に出馬意向”. 河北新報 (2017年9月25日). 2017年9月25日閲覧。
  9. ^ 吉田泉氏、国政引退の意向を示す 「出馬する立場ではない」”. 福島民友 (2017年11月12日). 2019年4月28日閲覧。
  10. ^ 『官報』号外第14号11P、令和元年5月21日
  11. ^ 立憲民主党福島県総支部連合会役員名簿
  12. ^ a b c d e f “2012衆院選 福島5区 吉田泉”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A07005003003 2014-04-012閲覧。 
  13. ^ “橋下氏にバッサリ切られた海江田氏 “野党第一党死守”も足元バラバラ”. 産経新聞. (2014年6月7日). https://www.sankei.com/smp/politics/news/140607/plt1406070014-s.html 2014年6月10日閲覧。 
  14. ^ 2009年衆院選時朝日新聞アンケート回答
  15. ^ しんぶん赤旗 2013年1月6日
  16. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
公職
先代
石田勝之
後藤斎
中塚一宏
末松義規
松下忠洋
日本の旗 内閣府副大臣
石田勝之
後藤斎
中塚一宏
末松義規と共同

2012年
次代
白眞勲
藤本祐司
前川清成
今野東
園田康博
大島敦
先代
中塚一宏
末松義規
松下忠洋
日本の旗 復興副大臣
中塚一宏
末松義規と共同

2012年
次代
黄川田徹
今野東
前川清成
先代
(創設)
日本の旗 復興大臣政務官
津川祥吾
大串博志
郡和子と共同

2012年
次代
若泉征三
津川祥吾
大串博志
郡和子
先代
大串博志
古本伸一郎
日本の旗 財務大臣政務官
尾立源幸と共同
三谷光男と共同

2011年 - 2012年
次代
三谷光男
若泉征三