礒崎陽輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
礒崎陽輔
いそざき ようすけ
生年月日 1957年10月9日(56歳)
出生地 日本の旗 大分県大分市
出身校 東京大学法学部卒業
前職 総務官僚
所属政党 自由民主党町村派
称号 法学士
公式サイト いそざき陽輔ホームページ

選挙区 大分県選挙区
当選回数 2回
任期 2007年 - 現職
議員会館 参議院議員会館1004号室

日本の旗 内閣総理大臣補佐官
国家安全保障会議及び選挙制度担当
内閣 第2次安倍内閣
任期 2012年12月26日 - 現職
テンプレートを表示

礒崎 陽輔(いそざき ようすけ、1957年10月9日 - )は、日本政治家自治総務官僚自由民主党所属の参議院議員(2期)、内閣総理大臣補佐官第2次安倍内閣)。

概要[編集]

大分県大分市生まれ。大分県立大分舞鶴高等学校、東京大学法学部卒業。1982年自治省(現総務省)に入省。和歌山県静岡県堺市への出向や自治大学校研究部長・教授、消防庁企画官、内閣官房内閣参事官(安全保障・有事法制担当、内閣官房副長官補付)、総務省自治行政局自治政策課国際室長、救急振興財団審議役・救急救命東京研修所副所長を経て、総務省大臣官房参事官を最後に2006年に退官した。

学歴[編集]

職歴(旧自治省時代)[編集]

 旧自治省消防庁、財政局勤務を経て
  • 1987年4月 和歌山市企画部次長、のち財政部長
 沖縄開発庁勤務を経て
  • 1992年4月 静岡県青少年課長、のち同県企業総務課長、同県市町村課長
 旧自治省地域政策室勤務を経て
 総務省大臣官房企画官、消防庁企画官を経て
  • 2002年2月 内閣官房内閣参事官(安全保障・有事法制担当)
  • 2004年4月 総務省国際室長
  • 2005年4月 救急振興財団審議役・救急救命東京研修所副所長
  • 2006年7月 退官(退官は総務省大臣官房参事官)

政治歴[編集]

民主党大分県連が推薦する無所属矢野大和社会民主党が推薦する無所属の松本文六国民新党公認の後藤博子ら4人を破り、初当選した。

所属団体・議員連盟[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『公務員のための公用文の書き方』(良書普及会、2002年)
  • 『分かりやすい公用文の書き方』(ぎょうせい、2004年)
  • 『武力攻撃事態対処法の読み方』(ぎょうせい、2004年)
  • 『国民保護法の読み方』(時事通信出版局、2004年)
  • 『分かりやすい法律・条例の書き方』(ぎょうせい、2006年)

共著[編集]

  • 『地域経済と地方財政』(湯浅利夫編集代表、ぎょうせい、1995年)
  • 『特別地方公共団体と地方公社・第三セクター・NPO』(山下茂編著、共著、ぎょうせい、1997年)

共編[編集]

  • 『対訳「日本の地方自治」(成瀬宣孝監修、共編、ぎょうせい、1997年)

論文・記事[編集]

外部リンク[編集]