礒崎陽輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
礒崎 陽輔
生年月日 (1957-10-09) 1957年10月9日(60歳)
出生地 日本の旗 大分県大分市上野
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員自治省総務省
現職 大分県支部連合会常任顧問
大分県参議院第一選挙区支部長
所属政党 自由民主党細田派
称号 法学士
公式サイト いそざき陽輔のホームページ

選挙区 大分県選挙区
当選回数 2回
テンプレートを表示

礒崎 陽輔(いそざき ようすけ、1957年10月9日 - )は、日本政治家、元自治総務官僚自由民主党所属の参議院議員(2期)、農林水産副大臣第3次安倍第2次改造内閣第3次安倍第3次改造内閣第4次安倍内閣)。

第2次安倍内閣第2次安倍改造内閣第3次安倍内閣内閣総理大臣補佐官国家安全保障会議及び選挙制度担当)を務めたほか、参議院行政監視委員長文教科学委員長等を務めた。

来歴[編集]

大分県大分市上野生まれ。佐伯市立佐伯小学校、大分市立上野ヶ丘中学校大分県立大分舞鶴高等学校東京大学法学部卒業[1]1982年自治省(現総務省)に入省。和歌山県静岡県堺市への出向や自治大学校研究部長・教授消防庁企画官、内閣官房内閣参事官安全保障・有事法制担当、内閣官房副長官補付)、総務省自治行政局国際室長、救急振興財団審議役・救急救命東京研修所副所長を経て、総務省大臣官房参事官を最後に2006年に退官した[1]

2006年自由民主党が実施した参議院大分県選挙区の候補者公募に合格し、2007年第21回参議院議員通常選挙に大分県選挙区から出馬[2]。選挙戦では、河野太郎後藤田正純猪口邦子片山さつき佐藤ゆかりら知名度の高い党所属国会議員の応援を受け[3]民主党大分県連が推薦する無所属矢野大和社会民主党が推薦する無所属の松本文六国民新党公認の後藤博子ら4人を破り、初当選した[4]

2012年参議院文教科学委員長に就任。同年12月、第2次安倍内閣内閣総理大臣補佐官(国家安全保障会議及び選挙制度担当)に任命された[5]2013年第23回参議院議員通常選挙に自民党公認で大分県選挙区から出馬し、新人4候補を下して再選された[6]2014年1月、内閣法の改正に伴い、内閣総理大臣補佐官(国家安全保障に関する重要政策及び選挙制度担当)の発令を受け、初代国家安全保障担当内閣総理大臣補佐官に任命された。同年12月、第3次安倍内閣で内閣総理大臣補佐官(国家安全保障及び選挙制度担当)に再任[7]2015年10月、第3次安倍第1次改造内閣の発足に伴い、首相補佐官を退任。2016年、参議院行政監視委員長に就任。同年8月、第3次安倍第2次改造内閣で農林水産副大臣に任命された[8]

政策・主張[編集]

不祥事[編集]

職員宿舎居座り問題[編集]

総務省職員だった2004年から、総務省所管の財団法人地方財務協会が管理する総務省職員用の宿舎に入居していたが、2006年7月に退官した後も、内規で「半年以内の退去」が定められていたにもかかわらず、1年以上宿舎に入居し続けていた[11]。2007年7月に参議院議員に初当選した後に「職員宿舎居座り問題」が報道され、8月7日に初登院した際には取材に対し「(内規は)承知していなかった」と釈明したが、宿舎を管理する地方財務協会は「(内規は)当然説明しています」と、礒崎の釈明を否定した[11]

発言[編集]

「法的安定性は関係ない」[編集]

2015年7月26日、大分市内で講演した際、国会で審議されていた集団的自衛権の行使を容認する安全保障関連法案に関し、「考えなければいけないのは我が国を守るために必要な措置かどうかで、法的安定性は関係ない」と発言[12]8月3日参議院我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会に参考人招致され、「私の軽率な発言により審議に多大な迷惑をかけた。発言を取り消すとともに心よりおわび申し上げる」「大きな誤解を与えてしまった。今回の法制は合憲性と法的安定性は確保されていると認識している」と述べ、陳謝した上で発言は撤回したものの、辞任は否定した[13]。翌8月4日、参院特別委員会で安倍晋三首相も「(法的安定性の重要性を)礒崎氏も十分理解している」と擁護したが、野党からは「内閣の体質の一部が出た」(郡司彰)、「なぜ更迭しないのか。法の支配を破壊する首相は退陣すべきだ」(福島瑞穂)など、礒崎や安倍政権への批判が相次いだ[14]

「岡田(克也)代表は共産党顔」[編集]

2016年6月18日、大分県竹田市内で開かれた党所属議員による集会で、同年の第24回参議院議員通常選挙における民進党日本共産党の共闘について「民進党の岡田克也代表が言うことは共産党のようになってきた。顔も共産党の顔になってきた」「民進党に1票入れることは、共産党に1票入れることと同じだ。(野党の共闘は)共産主導の野合で、われわれが阻止しなければならない」などと発言した[15]

所属団体・議員連盟[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『公務員のための公用文の書き方』(良書普及会、2002年)
  • 『分かりやすい公用文の書き方』(ぎょうせい、2004年)
  • 『武力攻撃事態対処法の読み方』(ぎょうせい、2004年)
  • 『国民保護法の読み方』(時事通信出版局、2004年)
  • 『分かりやすい法律・条例の書き方』(ぎょうせい、2006年)

共著[編集]

  • 『地域経済と地方財政』(湯浅利夫編集代表、ぎょうせい、1995年)
  • 『特別地方公共団体と地方公社・第三セクター・NPO』(山下茂編著、共著、ぎょうせい、1997年)

共編[編集]

  • 『対訳「日本の地方自治」(成瀬宣孝監修、共編、ぎょうせい、1997年)

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b プロフィール/いそざき陽輔のホームページ
  2. ^ “あす公示 5氏が立候補準備”. 朝日新聞. (2007年7月11日). http://www.asahi.com/senkyo2007/localnews/oita/SEB200707110070.html 2017年4月29日閲覧。 
  3. ^ “著名議員投入作戦 礒崎氏陣営に”. 朝日新聞. (2007年6月19日). http://www.asahi.com/senkyo2007/localnews/oita/TKY200706190176.html 2017年4月29日閲覧。 
  4. ^ “大分県:開票結果:参院選2007”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin2007/kaihyou/ye44.htm 2017年4月29日閲覧。 
  5. ^ 第2次安倍内閣 内閣総理大臣補佐官名簿
  6. ^ “大分 - 開票速報 - 2013参院選”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/senkyo/senkyo2013/kaihyo/B44.html 2017年4月29日閲覧。 
  7. ^ 第3次安倍内閣 内閣総理大臣補佐官名簿
  8. ^ “副大臣 20人交代 閣議決定”. 毎日新聞. (2016年8月5日). http://mainichi.jp/articles/20160805/k00/00e/010/220000c 2017年4月29日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f g h “2013参院選 選挙区 大分 礒崎 陽輔”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/2013san/kaihyo_area_meikan.html?mid=B44000003001 2017年4月29日閲覧。 
  10. ^ “<憲法特集>九州・沖縄の国会議員アンケート(3)主なテーマ”. 西日本新聞. (2016年4月30日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/article/242418 2016年4月30日閲覧。 
  11. ^ a b “新たな「問題議員」登場!役所やめても職員宿舎に居座る”. J-CASTニュース. (2007年8月8日). https://www.j-cast.com/tv/2007/08/08010123.html 2017年4月29日閲覧。 
  12. ^ “<社説>安保転換を問う 首相補佐官発言 これが政権の本音では”. 毎日新聞. (2015年7月29日). http://mainichi.jp/articles/20150729/org/00m/070/005000c 2017年4月29日閲覧。 
  13. ^ “礒崎補佐官が発言取り消し 「法的安定性」で参考人招致”. 日本経済新聞. (2015年8月3日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS03H1H_T00C15A8MM0000/ 2017年4月29日閲覧。 
  14. ^ “【揺れる安保政策】礒崎氏更迭要求収まらず 野党批判「内閣の体質」 首相拒否「重要性理解」 法的安定性問題”. 47NEWS. (2015年8月5日). http://www.47news.jp/47topics/e/267809.php 2017年4月29日閲覧。 
  15. ^ “礒崎元首相補佐官「岡田代表、共産党顔に」 野党共闘を批判 あなたは何顔?”. 毎日新聞. (2016年6月19日). https://mainichi.jp/articles/20160619/ddp/041/010/020000c 2017年4月29日閲覧。 
  16. ^ a b c d e f g 礒崎陽輔 (2016年5月29日). “活動記録 2016年5月29日”. 2016年9月28日閲覧。
  17. ^ 礒崎陽輔 (2016年7月25日). “活動記録 2016年7月25日”. 2016年9月28日閲覧。
  18. ^ a b 礒崎陽輔 (2016年8月7日). “活動記録 2016年8月7日”. 2016年9月28日閲覧。
  19. ^ 礒崎陽輔 (2016年8月28日). “活動記録 2016年8月28日”. 2016年9月28日閲覧。
  20. ^ a b 礒崎陽輔 (2016年9月5日). “活動記録 2016年9月5日”. 2016年9月28日閲覧。

外部リンク[編集]

公職
先代:
伊東良孝
齋藤健
日本の旗 農林水産副大臣
齋藤健と共同
谷合正明と共同

2016年 -
次代:
(現職)
議会
先代:
松村祥史
日本の旗 参議院行政監視委員長
2016年
次代:
佐藤信秋
先代:
野上浩太郎
日本の旗 文教科学委員長
2012年
次代:
丸山和也