湯浅利夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

湯浅 利夫(ゆあさ としお、1935年昭和10年)10月3日 - )は、日本官僚。元宮内庁長官、元自治事務次官

略歴[編集]

東京都立日比谷高等学校を経て、1959年(昭和34年)東京大学法学部卒業。同年、自治庁入庁。

2000年平成12年)4月、宮内庁次長に就任し、翌2001年(平成13年)より宮内庁長官となった。

2003年(平成15年)6月10日、記者会見で皇太子夫妻の第2子への期待について「やはりもう一人ほしい」「多くの国民もそう考えているのではないか」と発言した。また同年12月に「秋篠宮様のお考えはあると思うが、皇室と秋篠宮一家の繁栄を考えると、三人目を強く希望したい」と発言した。

2004年(平成16年)5月10日、皇太子徳仁親王の定例記者会見において、いわゆる人格否定発言があったことを受け、「御発言の真意を直接殿下に伺いたい」との見解を発表、直接の面会を求めたが日程の調整がつかず持ち越された。その後、皇室の重要事項の相談相手たる宮内庁参与に積極的に関わってもらう考えを明らかにした。

平成16年度をもって(2005年(平成17年)4月付)、宮内庁長官を依願退官。同年9月1日より 財団法人自治総合センター会長に就任している。

年譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]