梶栗正義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かじくり まさよし
梶栗 正義
生誕1970年????
東京都
国籍日本の旗 日本
職業国際勝共連合会長
世界平和連合会長
UPFジャパン会長
平和大使協議会会長
国際ハイウェイ財団会長
家族父・梶栗玄太郎(日本統一教会第12代会長)

梶栗 正義(かじくり まさよし、1970年 - )は、日本政治活動家宗教家世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関連団体である「国際勝共連合」、「世界平和連合」、「UPFジャパン」(天宙平和連合の日本支部)、「平和大使協議会」、「一般財団法人国際ハイウェイ財団」の会長をそれぞれ務めている[1][2][3][4][5]

父親は日本統一教会第12代会長の梶栗玄太郎[6]

経歴[編集]

東京都に、43双祝福家庭の梶栗玄太郎・惠李子の長男として生まれる[6]。日本の祝福二世の第1期生である。中学生のときに韓国に留学した[7]

1992年、二世200双として祝福を受け、これまでに妻・本子との間に2男1女をもうけた[6]

二世局教育部長、希苑教会初代教会長、ワールドカープジャパン(原理研究会)第八代会長、世界平和青年連合第二代会長、平和大使協議会中央会副会長、拉致監禁対策日本委員会実行委員長、阿蘇教会教会長などを歴任[6]

2017年、太田洪量が国際勝共連合会長と世界平和連合会長を退任し、徳野英治がUPFジャパン会長を退任。梶栗はそれぞれの会長に就任した[8][9][10]。そのほか、平和大使協議会会長[11][3]、国際ハイウェイ財団会長を兼任。全国の統一教会関係のイベントで講演を行う[12][13]

2021年6月11日、天宙平和連合が創設した世界平和国会議員連合の日本の議員連盟「日本・世界平和議員連合懇談会」の総会が衆議院第一議員会館で開催。同議連は前年に設立された団体で、初代会長は大野功統だった。総会で梶栗は顧問に選出された[14][15][16]

同年夏頃、梶栗は、同年9月に開催されるUPF主催の「神統一韓国のためのTHINK TANK 2022 希望前進大会」の日本側の登壇者として、元首相3人にオファーをするがいずれも断られた。教団の尹鍈鎬(ユン・ヨンホ)世界宣教本部長は、ドナルド・トランプ米国大統領の出演が決まったことを梶栗に告げ、トランプ元大統領の登壇を手土産に、安倍晋三に接触するよう指示。梶栗は再度安倍の説得に動き、8月24日、安倍はこれを承諾した[17][18]。同年9月12日に韓国・清平の清心ワールドセンターで開催された「希望前進大会」で、安倍のビデオメッセージはオンラインで全世界に配信された[19][20]

2022年6月13日に開かれた「日本・世界平和議員連合懇談会」の総会で、前年に続いて顧問に選出され、講演を行った。講演の際、統一教会の関連団体「平和政策研究所(IPP)」が発行する「政策情報レポート」や、「次期参議院選挙の地方区で、世界平和連合の応援を希望する議員がおられればお書き下さい」と書かれたアンケートを配布し、教団と国会議員と間のパイプづくりを積極的に推し進めている[13]

脚注[編集]

  1. ^ 政治資金収支報告書 国際勝共連合(令和2年分 定期公表) (PDF)”. 総務省 (2021年11月26日). 2022年8月5日閲覧。
  2. ^ 会長挨拶”. 世界平和連合. 2022年8月2日閲覧。
  3. ^ a b 梶栗会長が記念講演「日本は新太平洋平和文明の担い手に」”. 平和大使協議会 (2020年7月8日). 2020年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月1日閲覧。
  4. ^ 組織概要” (日本語). UPF-Japan. 2022年8月6日閲覧。
  5. ^ 財団概要”. 日韓トンネルプロジェクトを推進する国際ハイウェイ財団. 2022年8月6日閲覧。
  6. ^ a b c d 『True Peace』2015年2月号”. Peace TV. p. 44. 2022年8月6日閲覧。
  7. ^ インタビューは「証し」の宝庫 ~恩恵を分かち合う生活のススメ”. 光言社 (2018年8月24日). 2022年8月7日閲覧。
  8. ^ 国際勝共連合50年の歩み”. 国際勝共連合. 2022年8月6日閲覧。
  9. ^ 情報求む!山本ともひろ衆議院議員と一緒にアメリカで統一教会イベントに参加した議員は誰だ!?”. やや日刊カルト新聞 (2017年8月1日). 2022年8月6日閲覧。
  10. ^ 日本テレビ『情報ライブ ミヤネ屋』2022年8月5日放送。
  11. ^ 細田博之議長の選対本部長は「統一教会」有力団体の議長だった”. 文春オンライン (2022年8月3日). 2022年8月7日閲覧。
  12. ^ 【独自】旧統一教会関連団体シンポで岐阜県議が実行委員長:中日新聞Web” (日本語). 中日新聞Web. 2022年8月6日閲覧。
  13. ^ a b 今西憲之、吉崎洋夫 (2022年7月29日). “旧統一教会系団体に参院選の応援「希望する議員いれば記入を」 自民党が幹部の議連でアンケート”. AERA dot.. 2022年8月1日閲覧。
  14. ^ 日テレNEWS (2022年7月25日). “【“統一教会”と政治家】2年前設立の議員連合“顧問”に… 名簿を入手”. YouTube. 2022年8月2日閲覧。
  15. ^ 原田義昭 Facebook 2021年6月15日” (2021年6月15日). 2022年7月18日閲覧。
  16. ^ “21人のガッツポーズ”細田衆院議長の姿も・・・旧統一教会と自民党が国会内で集会、出席した元閣僚「選挙にプラスになる」”. TBS NEWS DIG. TBSテレビ (2022年7月26日). 2022年7月26日閲覧。
  17. ^ 「3人の元首相からはそっぽ向かれた」旧統一教会の関連団体会長が語った安倍元総理ビデオ出演の”裏側”【報道特集】”. TBS NEWS DIG. TBSテレビ (2022年7月30日). 2022年8月7日閲覧。
  18. ^ 鈴木エイト (2022年7月30日). “《スクープ映像入手》旧統一教会のフロント組織「勝共連合」会長が安倍元首相との“ビデオ出演”交渉の裏話を激白”. 文春オンライン. 2022年8月5日閲覧。
  19. ^ 速報!!安倍晋三前内閣総理大臣が統一教会系大規模イベントで演説、韓鶴子に敬意を表す”. やや日刊カルト新聞 (2021年9月12日). 2022年8月5日閲覧。
  20. ^ 安倍氏が旧統一教会系イベントにメッセージ 過去には合同結婚式に祝電”. NEWSポストセブン. 小学館 (2021年9月29日). 2022年7月9日閲覧。

関連項目[編集]