郭錠煥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

郭 錠煥(カク・ジョンファン、곽정환1936年1月22日 - )は韓国人宗教家。「世界基督教統一神霊協会」(統一教会)の古参幹部。「世界平和教授アカデミー」設立会長(1973年)、韓国鮮文大学および米国ブリッジポート大学理事長、韓国日刊紙『 世界日報(セゲイルボ)』発行人、「国際救援友好財団」(IRFF、1975年より)主宰などを歴任[1]。現在、「UPI通信」会長、米紙『ワシントン・タイムズ』会長、世界平和超宗教超国家連合(IIFWP)世界会長、「世界平和統一家庭連合」世界会長、「世界平和統一家庭党」総裁[2]、「城南一和天馬」のオーナー、財団法人「鮮文平和サッカー財団」理事長、「ピースカップ」組織委員長、「韓国プロサッカー連盟」(Kリーグを運営)会長を務める。

概要[編集]

統一教会の古参幹部であり、統一教会におけるナンバー2と見られている[3]。娘が、かつて統一教会教祖の後継者と見られていた文鮮明の3男、文顕進に嫁いでいる。

略歴[編集]

5月15日  ソウル市の統一教会の旧本部教会で33組合同結婚式に参加。

国際救援友好財団」(IRFF)を主宰。
3月 娘、郭全淑(カク・チョンスク)が文鮮明の三男、文顕進と結婚。
1984年1月2日に自動車事故で17歳で亡くなった文鮮明の次男、文興進(ムン・フンジン、문흥진)がアフリカジンバブエの男性の信者に憑依したとの噂を現地に調査に行き、本物だと報告([4]、p192)。
2月14日- 「世界文化体育大典2002」(韓国)の大会組織委員長を務める。
9月26日 「UPI通信」新社長に任命される。
3月10日 政党「天宙平和統一家庭堂」(略称、「家庭堂」)の結党大会において党総裁として選出される。
「世界文化体育大典(WCSF)2003」の大会組織委員長を務める[3]
8月11日~15日、韓国ソウルヒルトンホテルで開催された「世界平和超宗教超国家連合(IIFWP)が主催する「世界指導者サミット」で基調講演を行う(12日)。
7月23日 「世界文化体育大典2004」(韓国・天安市の柳寛順体育館)の大会組織委員長を務める[5]
1月11日 「韓国プロサッカー連盟会」の会長(任期2年)に選出される[3]
7月29日-8月1日 「世界文化体育大典2005」(韓国・天安市の柳寛順体育館)の大会組織委員長を務める[6]
11月 「天宙平和連合創設記念大会」のアフリカ大会で講演。
  • 2007年1月1日 韓国で行われた統一教会の行事、「第 40 回真の神の日敬礼式及び記念礼拝」で司会を務める[1]
  • 2008年
4月 韓国の18代総選挙の比例区に、統一教会信者で構成される「世界平和統一家庭党」から立候補。資産公開で6億3千万ウォン(約6300万円)を財産申告[7]。同党の他のすべての候補と共に落選[8]

参考文献[編集]

  • 田井友季子 『神の代辯者』(世界日報社  1995年2月5日) ISBN 4882010550:第2章「文鮮明師と予言」、第3章「新しい教え」で著者の田井友季子と対談している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]