鴨野守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鴨野 守
(かもの まもる)
生誕 1955年????
日本の旗 日本富山県
国籍 日本の旗 日本
教育 金沢大学教育学部
職業 ジャーナリスト
活動期間 1978年 – 現在

鴨野 守(かもの まもる、1955年 - )は日本のフリージャーナリスト[1]。元世界日報編集委員、世界平和統一家庭連合広報局長。

来歴[編集]

富山県生まれ。金沢大学教育学部卒。1978年に世界日報社に入社。社会部記者、社会部長、政治部次長、「サンデー世界日報」編集長、マニラ特派員、文化部次長などを経て編集委員。

世界日報の記者として長年活動してきた。沖縄戦集団自決をめぐっては「諸君!」などに「ジャーナリスト」の肩書で執筆している。この問題では藤岡信勝と連携し、集団自決は軍の命令によるものではなかったとの立場であり、論文の内容には賛否両論がある。大江健三郎・岩波書店沖縄戦裁判を継続して取材し、世界日報に「真実の攻防──沖縄戦『集団自決』から62年」を連載した。同連載と「諸君!」「WiLL」掲載原稿を元に『あばかれた「神話」の正体』を刊行している。

教職員組合と部落解放同盟県連が連携していると主張し学校運営を歪めているとしたルポ『広島の公教育はなぜ崩壊したか』(世界日報社1999年)は、「戦後の日本教育資料の最も重要な一つ」[1] と出版元である世界日報にて渡部昇一が評価してる。

世界日報連載を本にした『天皇御巡幸』『血戦・沖縄』『「朝日新聞」の犯罪』『わだつみは蒼く澄みたり』(1984年~1986年)で取材・デスクを担当した。

著書[編集]

  • 『広島の公教育はなぜ崩壊したか―検証「人権」「平等」30年の“果実”』(1999年、世界日報社 ISBN 9784882010678
  • 『広島の公教育に再生の道はあるか』(2000年、世界日報社 ISBN 9784882010722
  • 『新・純潔教育のすすめ―本当の愛に目覚めるために』(2001年、コスモトゥーワン ISBN 9784877950118
  • 『バギオの虹―シスター海野とフィリピン日系人の一〇〇年』(2003年、アートヴィレッジ ISBN 9784901053181
  • 『愛を運ぶ天使たち―国際エンゼル協会21年の歩み』(2004年、アートヴィレッジ ISBN 9784901053242
  • 『天の懐に生く―自然療法に捧げた東城百合子の80年とこれから』(2005年、アートヴィレッジ ISBN 9784901053396
  • 『あばかれた「神話」の正体─沖縄「集団自決」裁判で何が明らかになっているのか』(2009年、祥伝社 ISBN 9784396613327
  • 『息子よ!君のために闘いぬいた―死の真相を追究した友田家の物語』(2009年、アートヴィレッジ ISBN 9784901053846

脚注[編集]

  1. ^ 月刊WiLL 2013年10月号

関連項目[編集]