佐々木洋平 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐々木 洋平(ささき ようへい、1942年3月2日 ‐ )は、日本の元政治家衆議院議員(1期)、岩手県議会議員を歴任。大日本猟友会会長。

概要[編集]

岩手県西磐井郡花泉町(現一関市)出身。東京農業大学を卒業後、農業に従事していたが、1979年岩手県議会議員に当選、4期務める。1996年の衆議院議員選挙に岩手3区から、新進党公認で立候補し自民党志賀節を破り、当選。その後、小沢一郎の側近として行動し新進党の解党により自由党に所属する。

第42回衆議院議員総選挙の自由党公認候補に決定していたが2000年(平成12年)4月5日の首班指名選挙を欠席し、小沢への投票を回避する。解散前になると公認を取り消され保守党に移るが、自民党は既に志賀節を公認していた。佐々木に代わり自由党公認候補となった新人黄川田徹、元職中村力、元職志賀に次ぐ4位で敗れた。

2013年第23回参議院議員通常選挙で自民党から比例区に立候補することが決まった[1]が、佐々木は70歳を超えていたため、公認決定に際し自民党青年局長の小泉進次郎が「比例候補者の70歳定年制に反する」として異議を申し立てた[2]。これに対して自民党執行部は特例として佐々木の立候補を認めた[3]。選挙は落選した。

沿革[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞デジタル2013年5月29日(リンク切れ)
  2. ^ 読売新聞オンライン2013年5月31日2013年7月25日閲覧(リンク切れ)
  3. ^ 佐々木の他に自民党の70代の比例候補は山東昭子がいた。