広田一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
広田 一
ひろた はじめ
生年月日 (1968-10-10) 1968年10月10日(48歳)
出生地 日本の旗 高知県土佐清水市
出身校 早稲田大学社会科学部卒業
前職 衆議院議員秘書
コクド従業員
参議院議員
所属政党 自由民主党→)
無所属→)
民主党野田グループ)→)
民進党
称号 学士(社会科学)(早稲田大学・1992年
公式サイト 参議院議員 広田一 オフィシャルWEBサイト

選挙区 高知県選挙区
当選回数 2回
在任期間 2004年7月26日 - 2016年7月25日

当選回数 2回
在任期間 1995年 - 2001年
テンプレートを表示

広田 一(ひろた はじめ、1968年10月10日 - )は、日本政治家民進党所属。

参議院議員(2期)、参議院国土交通委員長防衛大臣政務官菅第1次改造内閣菅第2次改造内閣)、民主党高知県連代表、高知県議会議員(2期)を務めた。

来歴[編集]

高知県土佐清水市生まれ。高知高等学校早稲田大学社会科学部卒業。早大在学中は小渕恵三衆議院議員私設秘書を務めていた[1]。大学卒業後、西武鉄道グループであったコクドに入社。

1995年高知県議会議員選挙に自由民主党公認で出馬し、初当選。高知県議を2期6年務める。1997年より幡多上島珈琲代表取締役。2001年、高知県議を2期目の任期途中で辞職し[1]第19回参議院議員通常選挙無所属高知県選挙区から出馬したが、自民党現職の田村公平に敗れ、落選。2004年第20回参議院議員通常選挙に再び無所属で高知県選挙区から出馬し、自民党現職の森下博之を破り初当選した。当選後、会派民主党新緑風会」に入会。

2009年民主党幹事長を務めていた小沢一郎の要請を受け、民主党に入党。2010年第22回参議院議員通常選挙では民主党公認で高知県選挙区から出馬し、再選。同年9月、菅第1次改造内閣防衛大臣政務官に任命され、菅第2次改造内閣まで務めた。

2014年3月、民主党高知県連代表に就任[2]。同年より参議院国土交通委員長

2015年11月、第24回参議院議員通常選挙への不出馬を表明[3]。次期衆議院議員総選挙に高知2区から出馬予定。

政策・主張[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

  • 早稲田大学校友会(代議員)[5]
  • 高知県なぎなた連盟(副会長)[5]
  • 高知県フライングディスク協会(会長)[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b 2001参院選高知
  2. ^ 民主党高知県連第15回定期大会
  3. ^ 読売新聞 政治記事
  4. ^ a b 毎日新聞2010年参院選候補者アンケート
  5. ^ a b c 公式プロフィール

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
藤本祐司
日本の旗 参議院国土交通委員長
2014年 - 2016年
次代:
金子洋一
公職
先代:
楠田大蔵
長島昭久
日本の旗 防衛大臣政務官
松本大輔と共同

2010年 - 2011年
次代:
下条みつ
神風英男