足立良平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

足立 良平(あだち りょうへい、1935年11月27日 - )は、日本政治家参議院議員(2期)、参議院労働委員長、民主党参議院幹事長(初代)、電力総連副会長などを歴任した。

来歴・人物[編集]

兵庫県出身。1964年関西大学経済学部卒。関西電力入社後、同労組執行委員長、電力総連副会長、電力労連副会長、大阪同盟会長代理を歴任。1989年第15回参議院議員通常選挙で比例区に民社党から立候補して当選。1994年新進党結党に参加。その後新党友愛を経て民主党に合流し、同党の初代参議院幹事長に就任。参議院議員として2期務め、2001年第19回参議院議員通常選挙に立候補せず、引退。民進党の分裂後は国民民主党で大阪府連顧問を務める[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 役員情報” (日本語). 国民民主党. 2018年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月23日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

議会
先代
笹野貞子
日本の旗 参議院労働委員長
1995年 - 1996年
次代
勝木健司
党職
先代
(結党)
民主党参議院幹事長(初代)
1998年 - 1999年
次代
角田義一