宮崎勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮崎 勝
生年月日 (1958-03-18) 1958年3月18日(61歳)
出生地 日本の旗 埼玉県坂戸市[1]
出身校 埼玉大学工学部
前職 新聞記者
現職 参議院議員、党労働局次長
所属政党 公明党
称号 工学士
公式サイト 参議院議員 宮崎勝 Official Website

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 2016年7月 - 現職
テンプレートを表示

宮崎 勝(みやざき まさる、1958年3月18日 - )は、日本の政治家。公明党所属の参議院議員(1期)。

概要[編集]

埼玉大学工学部卒業後、公明党の機関紙である公明新聞の記者を務める。

2010年第22回参議院議員通常選挙参議院比例区より出馬し落選[2]

2015年公明党中央幹事会の役員となる[3]

2016年第24回参議院議員通常選挙に参議院比例区より出馬し初当選[4][5]。党からは重点候補者と見なされていなかった[6]ため、比例代表で最も個人得票が少ない当選者となった(18,571票)[7]。なお2017年長沢広明の参議院議員辞職に伴い、宮崎の得票を下回る個人得票7,489票の竹内真二が繰り上げ当選することになった[8]

政策・主張[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]