猪熊重二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
猪熊重二
いのくま じゅうじ
生年月日 1931年2月
出生地 群馬県
没年月日 2007年1月28日(満75歳没)
出身校 中央大学卒業
前職 弁護士

選挙区 比例区
当選回数 2回
在任期間 1986年 - 1998年
テンプレートを表示

猪熊 重二(いのくま じゅうじ、1931年2月 - 2007年1月28日)は、日本政治家弁護士群馬県出身。中央大学卒業。公明党参議院議員(2期)。

娘は東京都副知事猪熊純子

経歴[編集]

1931年2月、群馬県に生まれる。中央大学卒業。小学校教諭弁護士を務める。東京都港区西新橋に猪熊重二法律事務所を設立。

1983年第13回参議院議員通常選挙公明党公認候補として立候補したが落選する。1986年7月6日第14回参議院議員通常選挙に、比例区から公明党公認候補として立候補し、初当選する。(以降2期)。参議院法務委員長、参議院科学技術特別委員長、中央選挙管理委員会委員を歴任する。臓器の移植に関する法律猪熊案の作成等を行った[1][2]

2007年1月28日、肺癌により死去。享年76。通夜葬儀は近親者で行い、香典供花弔電等は辞退した[3]

人物[編集]

役職歴[編集]

  • 参議院法務委員長
  • 参議院科学技術特別委員長

脚注[編集]

  1. ^ 「脳死・移植・自己決定 」
  2. ^ 「第159回国会 衆議院公報第40号 議事経過」衆議院
  3. ^ 「元公明党参院議員の猪熊重二さん死去」朝日新聞2007年01月31日