三木亨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三木 亨
みき とおる
Miki touru.jpg
生年月日 (1967-07-10) 1967年7月10日(55歳)
出生地 日本の旗 日本 徳島県吉野川市
出身校 中央大学法学部
所属政党 自由民主党二階派
親族 父・三木申三
公式サイト 三木 亨WEB

選挙区徳島県選挙区→)
比例区
当選回数 2回
在任期間 2013年7月29日 - 現職

選挙区 吉野川市選挙区
当選回数 2回
在任期間 2007年4月30日 - 2013年
テンプレートを表示

三木 亨(みき とおる、1967年7月10日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(2期)。財務大臣政務官第3次安倍第2次改造内閣)を務めた。

父は元徳島県知事三木申三

経歴[編集]

徳島県吉野川市出身。吉野川市立川田小学校徳島文理中学校・高等学校中央大学法学部法律学科卒業[1]

徳島県議会議員を2期務め、2013年第23回参議院議員通常選挙において徳島県選挙区より、民主党現職の中谷智司らを破り、自民党公認で初当選[2]。なお徳島県選挙区は同選挙を最後に廃止され高知県選挙区と合区になるため同選挙区において単独で当選した最後の議員となる。

2015年7月24日、徳島県と高知県参議院合同選挙区による徳島県・高知県選挙区を創設する公職選挙法改正案に反発し、参議院本会議採決前に退席し棄権した[3]

2016年8月5日、第3次安倍第2次改造内閣で、財務大臣政務官に就任[4]

合区で臨んだ2019年の第25回参議院議員通常選挙においては、比例区特定枠に鞍替えし、1位で再選。

2022年11月11日、2023年春に行われる徳島県知事選挙に立候補する意向である事が報じられた。三木は取材に対し「出馬は間違いない」と述べた[5]

政策[編集]

2013参院選に伴う毎日新聞が行った候補者アンケートや2019年の朝日新聞のアンケートによると

  • 選択的夫婦別姓導入への賛否について「どちらとも言えない」としている[6]
  • 憲法9条を改正して自衛隊の役割や限界を明記するべき[7]
  • 日本の核武装について、将来にわたって検討すべきでない[7]
  • 村山談話河野談話を見直すべきでない[7]
  • 雇用の金銭解決制度導入に反対[7]
  • 日本の原発について、当面は必要だが将来は廃止すべき[7].

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]

公職
先代
大岡敏孝
中西祐介
日本の旗 財務大臣政務官
杉久武と共同

2016年 - 2017年
次代
今枝宗一郎
長峯誠