外国為替及び外国貿易法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
外国為替及び外国貿易法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 外為法、外国為替法
法令番号 昭和24年法律第228号
種類 経済法
効力 現行法
主な内容 外国為替・外国貿易について
関連法令 外国為替管理令・輸入貿易令など
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

外国為替及び外国貿易法(がいこくかわせおよびがいこくぼうえきほう)は、外国為替や外国貿易など、日本と外国との間の資金や財・サービスの移動や外貨建て取引を規制する日本法律である[1]

法令番号は昭和24年法律第228号、1949年(昭和24年)12月1日公布された。略称は外為法(がいためほう)。 「為替(かわせ)」は熟字訓であり、「為」に「かわ」や「か」の読みを当てることは出来ないため、「がいためほう」と略して呼ばれる。

財務省経済産業省が共同して所管し、日本銀行がその事務の一部を担う[1]

構成[編集]

  • 第1章 - 総則(第1条~第9条)
  • 第2章 - 我が国の平和及び安全の維持のための措置(第10条~第15条)
  • 第3章 - 支払等(第16条~第19条)
  • 第4章 - 資本取引等(第20条~第25条の2)
    • 第25条(役務取引等)
  • 第5章 - 対内直接投資等(第26条~第46条)
  • 第6章 - 外国貿易(第47条~第54条)
    • 第48条(輸出の許可等)
  • 第6章の2 - 報告等(第55条~第55条の9)
  • 第6章の3 - 輸出者等遵守基準(第55条の10―第55条の12)
  • 第7章 - 行政手続法との関係(第55条の13)
    • (行政手続法 の適用除外)
    第55条の13
    第25条第1項、同条第2項若しくは第3項の規定に基づく命令若しくは同条第4項又は第48条第1項若しくは第2項の規定に基づく命令の規定による許可又はその取消しについては、行政手続法 (平成5年法律第88号)第2章 及び第3章 の規定は、適用しない。
  • 第7章の2 - 審査請求(第56条~第64条)
  • 第8章 - 雑則(第65条~第69条の5)
  • 第9章 - 罰則(第69条の6~第73条)
  • 附則

歴史[編集]

1964年(昭和39年)、IMF8条国移行に伴う外為法改正について、通商産業大臣閣議を求めることに関する通商産業省の決裁文書。

  • 1931年:金輸出再禁止(金本位制停止)、金兌換停止
  • 1932年:資本逃避防止法制定
  • 1933年:外国為替管理法制定(「外国為替銀行制度」)の導入)[2]
  • 1936年:大蔵省令により貿易為替管理を開始
  • 1941年:外国為替管理法改正(戦時体制へ移行)
  • 1949年:外国為替及び外国貿易管理法(外為法)並びに「外資に関する法律」(外資法)の題名のもと制定された。
    • 「対外取引原則禁止」の建前のもと[3]、その名のとおり外国為替と外国貿易を厳しく管理するために制定された。
  • 1980年:対外取引を原則自由とする体系に改められた[3]
    • 旧外資法が廃止されて同法の枠組みを本法が引き継ぎ、以後本法が外資の横断的規制を担うこととなった[4]
  • 1997年第2次橋本内閣が改正法を成立させた。
    • 清和会21世紀を考える会の会長であった三塚博大蔵大臣として行った趣旨説明によれば、同改正法は、日本国が他国に対し、国際連合の決議に基づかずとも独自に経済制裁等の措置を講ずることを可能とするものである[6]
  • 1998年:題名が「管理」の文字を削った現行のものに改められた。

外為法の主な規制分野[編集]

外資規制[編集]

外為法27条は、日本における外資規制のうち個別業法による規制を除く横断的な規制を担っている[4]

貿易規制[編集]

外為法に基づき、特定の貿易取引などを行う場合には、経済産業大臣の許可や承認が必要となる[7]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 外為法とは何ですか?”. 日本銀行. 2021年8月5日閲覧。
  2. ^ 青木一男迫水久常も参照。
  3. ^ a b 外為法の目的と変遷”. 財務省. 2021年8月5日閲覧。
  4. ^ a b 本郷隆 2011, p. 131
  5. ^ 本郷隆 2011, p. 131-132
  6. ^ 衆議院会議録』、『外国為替及び外国貿易管理法の一部を改正する法律』。
  7. ^ 外為法について”. 経済産業省. 2021年8月5日閲覧。

参考文献[編集]

  • 本郷隆「外資規制法の構造分析--安全保障を理由とする投資規制の比較法的分析と事例研究」『東京大学法科大学院ローレビュー』第6巻、2011年、 127-162頁、 NAID 40019036709

関連項目[編集]

外部リンク[編集]