米原昶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
米原昶
よねはら いたる
生年月日 1909年2月7日
出生地 鳥取県八頭郡智頭町
没年月日 (1982-05-31) 1982年5月31日(満73歳没)
出身校 第一高等学校放校(退学処分)
(現・東京大学
所属政党 日本共産党
配偶者 妻・米原美智子
親族 父・米原章三

日本の旗 衆議院議員(2期目)
選挙区 東京都第2区
当選回数 2回
在任期間 1969年12月29日 - 1976年12月9日

日本の旗 衆議院議員(1期目)
選挙区 鳥取県全県区
当選回数 1回
在任期間 1949年1月24日 - 1952年8月28日
テンプレートを表示

米原 昶(よねはら いたる、1909年2月7日 - 1982年5月31日)は日本政治家。元衆議院議員日本共産党公認、3期)[1]日本共産党幹部会委員。

来歴・人物[編集]

鳥取県八頭郡智頭町生まれ。智頭町は江戸時代から宿場町として栄え、実家は代々「もめんや」の屋号呉服類や小間物の商いをしていた[2]。旧制の鳥取中学(現在の鳥取西高)を経て旧制一高に入学するも、学生運動に携わったことで放校処分が下る。一高在学中より27年テーゼ社会科学研究会などを通じて日本共産党への関心を深め、弘世 哲夫の変名で地下活動をおこない、1945年第二次世界大戦の敗戦と民主化により合法化された同党へ入党。

その後も共産党の活動を続け、1949年第24回衆議院議員総選挙鳥取県全県区から同党の公認候補として出馬しトップ当選を果たす。所謂「五〇年問題」により党内が所感派国際派に分裂する中、再選を期して臨んだ1952年第25回衆議院議員総選挙で落選、以後同選挙区から2度立候補するが何れも当選には至らなかった。鳥取県内の選挙区から立候補して当選した共産党国会議員は、現在に至るまで米原のみである。

1959年から1964年までの5年間、『平和と社会主義の諸問題』誌編集委員として党から派遣[3]、家族とともにチェコスロバキアプラハへ赴任する[4]1967年の都知事選挙では共産党推薦候補となるも、社会党の呼び掛けに応じ出馬を取りやめ美濃部亮吉候補に一本化する(当選者は美濃部)。

1969年第32回衆議院議員総選挙東京2区に転じ、17年ぶりに当選を果たす。前回に続いて共産党が躍進した1972年第33回衆議院議員総選挙でも当選するが、1976年第34回衆議院議員総選挙にて次点に終わる。以後は地盤を榊利夫に譲り政界からの引退を表明。

1982年5月31日、筋萎縮性側索硬化症により東京都渋谷区代々木病院にて死去。73歳。

政歴[編集]

  • 1949年 第24回衆議院議員総選挙 鳥取県全県区 43,654票 当選
  • 1952年 第25回衆議院議員総選挙 鳥取県全県区 7,920票 落選
  • 1953年 第26回衆議院議員総選挙 鳥取県全県区 6,664票 落選
  • 1955年 第27回衆議院議員総選挙 鳥取県全県区 12,197票 落選
  • 1969年 第32回衆議院議員総選挙 東京2区 71,357票 当選
  • 1972年 第33回衆議院議員総選挙 東京2区 85,667票 当選
  • 1976年 第34回衆議院議員総選挙 東京2区 65,018票 落選

家族[編集]

エピソード[編集]

  • 兄の穣は元衆議院議員相澤英之後援会の鳥取支部長を務めており、米原家内は思想信条が相反する自民、共産両党とで支持が分かれていた模様。このことについて相澤は「同じ家でも支持する政党が分かれ、自由にモノが言えるというのは、とても民主的である」と発言している[5]

著書[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ *日本共産党 鳥取県委員会 - 智頭町で米原万里展 - 赤旗・民報 - ニュース
  2. ^ 米原万里さんのお父さん、そしてエスペラントのこと
  3. ^ 国際共産主義運動での意見交換を図るべく、各国の共産主義政党が1958年に共同で創刊した理論誌
  4. ^ 1950年代はレッドパージの影響が未だ色濃く残る時代であったため、米原の編集局勤務は極秘とされ、表向きは「チェコスロバキア科学アカデミー・政治経済研究所」勤務となっていた
  5. ^ 相沢英之「我がロシア-エラブガ収容所の日々」『米原万里、そしてロシア』伊藤玄二郎編、かまくら春秋社、2009年

関連項目[編集]