米原章三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
米原章三
よねはら しょうぞう
Shozo Yonehara.png
米原章三
生年月日 1883年11月16日
出生地 鳥取県鳥取市(旧・河原町
没年月日 (1967-10-19) 1967年10月19日(83歳没)
出身校 東京農業大学
早稲田大学
前職 鳥取県議会議員
鳥取県智頭町議会議員
日本海新聞社代表取締役社長
日本海テレビジョン放送取締役会長
日ノ丸総本社代表取締役社長
鳥取銀行取締役
所属政党研究会→)
無所属
称号 正四位
勲二等瑞宝章
鳥取県鳥取市名誉市民
親族 次男・米原昶

選挙区 多額納税者議員
当選回数 2回
在任期間 1932年9月29日[1] - 1946年4月23日[2]
テンプレートを表示

米原 章三(よねはら しょうぞう、明治16年(1883年11月16日 - 昭和42年(1967年)10月19日)は日本実業家政治家。鳥取県多額納税者[3]鳥取県会議員貴族院議員鳥取市名誉市民。旧姓藤縄。

来歴・人物[編集]

生い立ち[編集]

鳥取県八頭郡河原町(いまの鳥取市)に生まれた。実父の範七は、1885年県会議員となったが[4]1890年病没、その後家運は衰退した[4]高等小学校を終えると倉吉農学校(現倉吉農業高等学校)に入った[5]。17歳の春同校を卒業すると、若桜小学校で僅かの間代用教員を勤めた[5]1900年9月東京農大に入学、1903年卒業、続いて早稲田大学に入学[5]。この頃米原は植村正久に心酔し、九段教会に通ってクリスチャンとなり、タバコを絶ちピューリタンとして真剣な信仰生活に入った[5]。 後にキリスト教から離れるが、彼の生涯には深い影響を与えるものになった[6]

智頭宿の米原家住宅(国登録有形文化財)

智頭町の山林地主米原家の長女と結婚[6]1906年7月早大専門部政経科を卒業すると直ちに帰郷して家業の林業に従事した[5]

政治・経済界への進出[編集]

山林事業の近代化にのり出し、八頭木材会社の経営に参加した[6]。ついで銀行業にも目をむけ、大正鳥取銀行の創設に参画し、役員として経営にあたった[6]1911年智頭村会議員になってから、1923年鳥取県会議員となり、1928年には県会議長となった[6]。さらに1932年貴族院議員にもなった[7]1930年、県東部のバス・タクシー八社を合併して、日ノ丸自動車株式会社を発足させた[7]。その後1944年までに二八社を統合して、全県バス網を一本化した[7]1938年、丸由百貨店(現鳥取大丸)を設立して、その社長になった[7]。一族の由谷正太郎の発議した事業だったが、当時は町ともいえなかった鳥取駅前に位置を定めたのは、米原の意見によることだった[7]1939年鳥取新報、因伯時報、山陰日日新聞の県内三紙を合同、日本海新聞を創立して初代社長となった[8]

戦後は公職追放となり[9]、追放解除後には1958年日本海テレビを設立。

晩年[編集]

1967年10月19日、鳥取市内の病院で死去。 1969年9月、鳥取市議会で6人目の名誉市民に選ばれた。

家族・親族[編集]

米原家[編集]

鳥取県鳥取市

  • 養妹・千枝(由谷義治に嫁す[3]
  • 妻・八重(養父富蔵長女[3]
  • 長男・(実業家)
  • 同妻・寿美子
  • 同長男・正博(実業家)

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1727号、昭和7年9月30日。
  2. ^ 『官報』第5783号、昭和21年4月27日。
  3. ^ a b c d e f g 『人事興信録. 第8版』(昭和3年)
  4. ^ a b 『鳥取県百傑伝』164頁。
  5. ^ a b c d e 『鳥取県百傑伝』165頁。
  6. ^ a b c d e 『鳥取県郷土が誇る人物誌』285頁。
  7. ^ a b c d e 『鳥取県郷土が誇る人物誌』286頁。
  8. ^ 『鳥取県郷土が誇る人物誌』168頁。
  9. ^ 『朝日新聞』1947年12月23日一面。
  10. ^ a b c *日本共産党 鳥取県委員会 - 智頭町で米原万里展 - 赤旗・民報 - ニュース

参考文献[編集]

  • 『鳥取県百傑伝:近代百年』山陰評論社、1970年、164-169頁。
  • 佐藤朝泰『豪閥 地方豪族のネットワーク』立風書房、2001年、427-430頁。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]