米原正博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

米原 正博(よねはら まさひろ、昭和7年(1932年7月30日 - 平成21年(2009年10月19日)は日本実業家。元鳥取商工会議所会頭、日ノ丸総本社会長。

元鳥取県会議長・貴族院議員・鳥取商工会議所会頭米原章三の孫、元日本海テレビジョン放送社長・鳥取商工会議所会頭米原穣の長男。妻 容子は奥出雲の山林大地主23代田部長右衛門(元島根県知事)の長女。

経歴[編集]

鳥取県八頭郡智頭町出身。

昭和30年(1955年成城大学経済学部卒業。同年日本生産性本部勤務。昭和36年(1961年日本青年会議所専務理事。昭和44年(1969年日本オリンピック委員会副会頭、のち会頭。昭和49年(1974年)日ノ丸観光・日ノ丸総本社各代表取締役昭和60年(1985年)鳥取大丸代表取締役社長。平成2年(1990年)~平成15年(2003年)の13年間にわたって鳥取商工会議所会頭。

平成21年(2009年)10月19日死去。死因は非公表。翌20日に、近親者による密葬を経て、11月25日にホテルニューオータニ鳥取[1] で「お別れの会」が行われた。

家族・親族[編集]

自家

参考文献[編集]

  • 『鳥取県人名録』 1987年 677頁
  • 佐藤朝泰 『豪閥 地方豪族のネットワーク』 立風書房 2001年 427-430頁

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 社長でもあった

外部リンク[編集]